2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20131006-07 五竜岳~唐松岳プチ縦走

その昔 HプラスにAQUAを受け取りに行くとき
せっかく白馬まで行くのなら…と
遠見尾根をハイキングしたあの時
いつか五竜岳に…と思いつつ時は流れ
いつしか鹿島槍からの縦走に拘り始め
なかなか登る機会に恵まれなかった五竜岳
当初の予定から二転三転の挙げ句にチャンス到来!?
鹿島槍からの縦走ではなく唐松への縦走という形で
いざ五竜岳♪

テレキャビンはもちろん利用
リフトはガマンw

見返り坂から振り返るアルプス平はかなり白かった( ・_・)

地蔵の頭→小遠見→中遠見→大遠見
やけに暑くて 妙にしんどかった

が ココから先の未踏エリアが長かった

どんどんガスが出てきて
周囲は全く見渡せない(´・ω・`)

五竜山荘に着く頃には 目の前の山荘が霞んでいた

時間配分的には初日に五竜岳に上がっておきたかったけど
こんなガスの中 ピークを踏むだけなんて味気ない
ということで 登頂は翌朝に持ち越した

その分 3人でヽ(´ー`)ノ マターリ
来季の作戦を練ったような 練らなかったようなw


翌朝の5時ちょい過ぎ いざピークハントへ

途中 山陰でご来光を迎えるw
それにつけても 雲海がスバラシイ(σ≧∀≦)σ
前日 ガッスガスの中を無理して登らなくて本当に良かったと思った

カッコいい五竜らしく登り応えがあり
身軽なこともあって 心底楽しめた気がするw

山頂からの360度の大パノラマは圧巻

名残は尽きないものの
唐松まで行きたかったので
そこそこで切り上げ
テン場に戻ってテント撤収
唐松岳に向けて いざ出発

何度も振り返って五竜を眺めたり
どんどん全容が明らかになる剱に何度も目を奪われ
先月歩いた大日連峰の山並みにうっとり…(*˘︶˘*).。.:*♡
(と思ったが よくよく考えるとアレは大日連峰ではないなw)

そうこうしているうちに 道はこの日の核心部の岩稜帯へ!?

思いの外長く
しまうタイミングを逸したストックがジャマだったり
重たい荷物は気になるものの
あまり抵抗なく攀じ登れたり
なぜか疲れ知らずだったのは
クライミングのおかげなのか?と思ったり

岩稜帯を越えると すぐそこに唐松岳頂上山荘が!

荷物をデポって サクッとピークハント♪
北アデビューの唐松岳に「ただいま!」を言ってきた♪(´ε` )


当初の予定では
金曜~日曜の2泊3日で涸沢の紅葉を見に行くはずが
土曜~月曜になり
今度は行き先が表銀座縦走になり
結局 土曜の天気予報に翻弄されて
山行そのものが中止になりそうになったものの
なんとか1泊2日は死守
前日に行先が決まるというバタバタぶり( ̄∀ ̄;)

行くまではイマイチだったけど
結果がホントに良く
今季 何度計画しても表銀座を歩けなかったのは残念だけど
夏休みの槍同様
今回は五竜に縁があったのかもしれない

これで今季は心置きなくテン泊山行が〆られたヽ(∀)ノ


【思ひ出あるばむ】
20131006-07 五竜岳~唐松岳プチ縦走
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/812-6291dcd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

20131012 AG岩登り体験会&BBQ からのぉ 20131013-14@奈良 *TOP* 月バス/15人

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。