2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝月山/1234m

半年に及ぶスノーシーズンを終え
間髪入れずに夏山スタート!
コレで抜け殻になることを回避できるに違いない( ̄ー ̄)

夏山第一弾に選んだのは貝月山
昨夏と昨冬の雪辱を晴らすのだ!
って ただただその標高が気になるだけだったりもするw

15時くらいから天気が崩れる予報だったので午前中勝負!

6時15分 長者の里キャンプ場からスタート
のはずが 登山口がなかなか見つからない(´゚ェ゚`)
で 結局 ココでいいのか?ってところから登り始めたのが6時半

登り始めてしばらくはソコソコ親切に目印テープがあるものの
だんだん不親切に…

倒木で道が塞がれていることしばしば
間違えたのかと思って戻ることしばしば
一度は完全に迷ったのかと思い
もう引き返そうかと考えているロスタイムあり…

同じように苦労した人がいたのか
分かりにくいところには
登山者が付けたと思われるテーピングが木に張られていたり
随所にケルンが築かれていたのも印象的だった

道が藪に覆われていたりもして
ココに来るには少し遅かったことを悟った
若しくは晩秋がいいのかな
けど このコースは渡渉が多いので
あまり寒いと もし落ちたら…
と 登りで左足を 下りで左手をドボンしたのは内緒(〃ノωノ)

そーいえば 倒木や藪を潜り抜けた時だろうか
サングラスを落としてしまった(ノД`ll)

てな感じで なかなかペースもテンションも上がらず
登り始めから2時間で揖斐高原貝月スキー場からのコースと尾根で合流
冬はあっちから登るのかぁと思いを巡らせながら
10分ほど休憩の後 いざ 貝月山ピークへ!

と 鹿に出会ってビビったw

他の動物もいるのだろうと
音を立てたり歌ったりしながら
尾根道のアップダウンを何度か繰り返して
9時5分 登頂~

誰もいない山頂を独り占めヽ(∀)ノ
近いからだろうけど 伊吹山のどっしり感にちょっと見惚れた
登頂してすぐには見られなかった御嶽山も薄らと姿を現してくれた
暑くもなく寒くもなく
時折心地よい風が吹きとても気持ちがよかった
登り切ってよかった~とつくづく思った

山頂を心行くまで満喫して 9時25分下山開始

貝月スキー場との分岐からはまた緊張が始まる
登山者二組とすれ違った
登りでは 尾根に出るまで誰にも会わなかったので
登ってくる人がいると
道 合っているのだ♪とホッとした
が その直後に迷うw

面倒になってきたので
いっそのこと沢を下ってやろうかとさえ思ってしまうw

一度歩いている道なので
登りほどは迷わなかったものの
下りもちびっと迷いつつ
11時20分 無事下山

里山は体力より神経使って 妙な疲れ方するわ~_ノ乙(、ン、)_

【思ひ出あるばむ】
20130602 貝月山/1234m(長者の里キャンプ場から)
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/766-e4b22afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月バス/10人+1人 *TOP* 【46=last】乗鞍岳BC&グリーンアップ大作戦!?

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。