2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【45】御嶽山BC ~祝!御岳綱道25周年~

「佐藤優ガイドによる御嶽山プライベートツアー(五の池小屋泊)」

乗鞍BCキャンプ by ODSS参加を見合わせ
富士山BCを諦めて臨んだ待望のツアー!

が 前夜にまさかの中止に…_| ̄|○

既に@恵那w
急遽翌日の富士山BCに混ぜてもらおうか
ツアーは中止でもセルフで御嶽山に上がるという関西ゲストに混ぜてもらおうか
迷った挙げ句 御嶽山へ(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

冬季は営業休止だけど
めでたく25周年を迎えた御岳ロープウェイ
グリーンシーズンオープン初日のこの日は
先着25名に無料招待券と記念品を進呈とのことで
1時間前から並んでしまったw

と こんなことに時間を費やしたものだから
そこから準備整えて
ロープウェイに乗ったのが9:00
ハイクアップ開始が9:40

滑り降りるのを想像したくない樹林帯を抜け
石室手前の急登に備え腹ごしらえしたのが12:00

これからピークハントはキビシいんじゃね?
と 一瞬頭を過ぎるも
滑り降りるのは速いから大丈夫だろうと言葉を飲み
14:30ピークハント

御嶽山に何度目かのtryでやっと辿り着けた人もいて満足の様子
それはそれで良かったのだけど
滑り降りるにしてもぼちぼち限界と
15:00くらいに一ノ池へドロップ

しようとしたら ガスが…(ノД`)

晴れた隙を狙って少しずつ落とす

和哉シュートへ行く余裕はなく
夏道へちょっぴり登り返して石室山荘まで落とす

と ここまでは何とか順調

が もう晴れそうにないガスが我らの行く手を阻む…

次なる目標の女人堂が見えない…(-公- ll)

もう少し下れば…

見えない…(-公- ll)

リーダーのGPSを頼りに降りているから大丈夫なのだろうと思いつつ
これだけ落としても女人堂が見えないことってあるのだろうか…
内心思いつつもそのまま…

が 結局一本尾根を間違えていた(´゚ェ゚`)

リーダー プチパニック

この時点で ロープウェイでは帰れないかもいしれないけど
明るいうちにロープウェイtopに戻れれば
あとはゲレンデを歩いて帰ることは可能だろう
とにかく焦って間違いの傷を大きくすることや
怪我をすることだけは避けようと確認し合う

正しいルートに一番近かったスキーヤーに一足先に戻ってもらい
あと3人降りてくるので
16時半に間に合わなかったら10分待って欲しいと伝えてもらう
もしそれでも間に合わなければ
その人が中の湯まで迎えに来てくれるとの有難いお言葉をいただき
ボーダー3人は気持ちを立て直して正しい尾根へ登り返し

幸い ルートミスにはリーダーが早めに気付いてくれたので
登り返しは30分以内だったと思う

正しいルートに復帰したボーダー3人は
滑り降りれば16時半に間に合う!と最後の難関樹林帯に突入
が 程なくワタシは限界に…
とにかく凹凸がヒドいし ツリーホールはデカいし
そっちに気を取られているとマークのテープを見失いそう…
せっかく引き延ばしてもらった16:40に間に合わないかもしれないけど
怪我をしていたら意味がないと思い 板を外して
ただただ目印テープを頼りに黙々と歩き始めた

16:39 リーダーがロープトップに辿り着き
あとの2人ももうすぐ降りてくることを伝えてもらい
ロープウェイの点検運転(?)が終わるのを待って
ロープウェイで下山させてもらった(*´Д`*)

スタッフさん達にはとにかく謝罪と御礼

御岳ロープウェイにはいきなり迷惑かけちゃって申し訳なかったけど
(おまけに無料w)
みんな無事で そして笑顔で終われてホッとした

個人的には
リーダーに任せっ放しだったことを
大いに反省なう…(´._.`)


【思ひ出あるばむ】
20130525 御嶽山BC
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/762-a46ff576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月バス/12人(´゚∀゚`) *TOP* 月バス/10人

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。