2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【28】野伏ヶ岳BC

大日ヶ岳に登る度に気になっていた野伏ヶ岳

聞けば 夏道はなく 登頂は冬季限定とか

日本三百名山ピークハント&BC
一粒で二度オイシイ
いつか行きたいと思っていた
この日に限ってイロイロ声をかけてもらい
散々迷うもやっぱり野伏参戦♪


集合場所の道の駅白鳥へはもちろん前ノリ
の途中で気付いた
デジカメ忘れた…(´゚ェ゚`)

夜が明け メンバーと合流して
スタート地点の白山中居神社までは相乗りさせてもらう
さて準備♪準備♪となった時 気付いた
ブーツ 忘れた…il|li _| ̄|○ il|li

野伏に縁がないのかも…と留守番を覚悟したが
心広きメンバーのおかげで取りに行かせてもらい
事無きを得た

が 7時~7時半スタート予定が7時45分スタートw

IMG_20130309_075621638.jpg

林道を時々ショートカットして
和田山牧場跡に辿り着いた時の解放感がゴイスー
目指す野伏の頂がドーン!

IMG_20130309_090641967.jpg

IMG_20130309_090702284.jpg

IMG_20130309_091534662.jpg

遠っ!

王道のダイレクト尾根は登り応えがあったー

とにかく天気良くて→眺め良くて
歩いていても気持ち良かった(*´∀`)
IMG_20130309_104715325.jpg

IMG_20130309_113928172.jpgパックリ

IMG_20130309_120239172.jpg

IMG_20130309_121344922.jpgあと少し!

12時15分 登頂~!!!
IMG_20130309_121904538.jpg

IMG_20130309_121918991.jpg

三等三角点はもちろん雪の下
山頂目印が一切ないのはなんだか心許ないが
メンバー全員で 登頂記念写真をパチリ
21178516_1901347882_121large.jpg

360度の大パノラマはいつまで眺めていても飽きないものの
徐々に滑走準備を整え いざドローップ

同タイミングで下山し始めた登山グループのオジサン&オバサンの
山吹色の声援を浴びながら中央ルンゼへ

IMG_20130309_124411708.jpg

IMG_20130309_124853862.jpg

IMG_20130309_124903747.jpg

各自思い思いのラインを中央ルンゼに刻むも
デロデロ雪に悪戦苦闘w

IMG_20130309_125628403.jpg

IMG_20130309_131107565.jpg

あろうことか
某スキーヤーの足から外れたスキー板一本が中央ルンゼを大滑走~(  Д ) ゚ ゚
目の当たりにしたわけではないけど
一人 中央ルンゼをラッセルで下山し始めて気付いたw

噂では様々な“武勇伝”をお持ちの彼
でも 今日はワタシがブーツ忘れて やっちゃった…(ノД`)と思っていたけど
やはり笑いの神は彼に降臨した

いや この時は笑っておられず
板は保険で買い直してもらうとして
どうやって下山するのだ?
シュー貸す?と真剣に(たぶん)考えていたのだけど
奇跡ってあるのね
HR3隊長が 奇妙な一本トレースを地味に辿っていったら
発見!回収!に至り これまた事無きを得たw

IMG_20130309_131318603.jpg

樹林帯を滑り 牧場跡はシューで突っ切り
最後はひたすら林道を滑って終了~

IMG_20130309_14492098.jpg

林道を滑りながら ヤマボクのタコチツアーを思い出していた

雪質はアレだったけど かなり楽しかった(*≧艸≦)

参加者の皆さま ありがとうございました(≧∀≦)ノ

反省会@餃子飯店
IMG_20130309_163901185.jpg
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/738-c68900a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【29】home乗鞍 *TOP* ARAI 復活!?

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。