2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111010 金峰山(2599m)

06:25 出発
07:00 富士見平小屋(5分滞在)
07:55 大日小屋(上)
08:15 大日岩!?(5分休憩)
08:30 大日岩…
09:25 砂払いノ頭(5分休憩)
10:20 登頂~(70分滞在)
11:45 金峰山小屋(10分滞在)
13:05 大日岩(5分滞在)
13:35 大日小屋(上)
14:15 富士見平小屋
14:50 下山

今季の山歩きシーズンも終わりが見えてきた今日この頃
板の準備もしなきゃな~と思いつつ
ココのところ週末のお天気がいいのでついついo~((((~´∀`)~フラフラ~

13ヵ月前、瑞牆山に登り
いつか登りたいと思った金峰山へ

DSC04220.jpg

DSC04221.jpg
この看板の新しさが気になる
昨年はなかったような…
いつもより余計に鈴を鳴らしていこう

DSC04222.jpg
見覚えがあるようなないような

一度歩いているからかサクサク歩いて富士見平
DSC04223.jpg

DSC04224.jpg

DSC04225.jpg
と思ったら、昨シーズンと同タイム
成長ナシw

2011101410210000.jpg
「富士見」は伊達じゃなかった!

長居は無用
写真だけ撮り先を急ぐ

少し登るとなだらかな樹林帯歩きが続く
時折色付いている紅葉を楽しみながらテクテク歩く
DSC04228.jpg

DSC04231.jpg

DSC04232.jpg

DSC04233.jpg

DSC04234.jpg

DSC04235.jpg

DSC04236.jpg
楽チンだけど高度が稼げない
金峰山への登山道としてはマイナーなのか
世間は三連休だというのに不気味なまでに静か
必死で熊鈴を鳴らすw

しかし、気持ちがいい山歩き
静かながらも何組かの下山者とすれ違いつつ大日小屋到着
DSC04237.jpg

DSC04238.jpg
無人の小屋と静けさが
日中にもかかわらず不気味さを醸し出す
そんな空間にテントが一張り
勇気あるなぁ
でも、一人じゃないみたいだからイイのかな
ザックを下ろす気にもなれなかったので
ちょいと写真だけ撮って、次行ってみよう

DSC04239.jpg

DSC04241.jpg

DSC04242.jpg

DSC04243.jpg

看板は倒れいているけど…大日岩到着!?
DSC04244.jpg

南アルプスの眺めがイイねぇ
DSC04245.jpg

DSC04246.jpg
ズーム

八ヶ岳も見える~
DSC04248.jpg

ビューポイントだけあり少々人だかり
ま、上でも同じような眺望はあるだろうと先へ進む

DSC04250.jpg

DSC04251.jpg
瑞牆山を思い出すねぇ

と、しばらく歩いていると
DSC04253.jpg
え?ココが大日岩なん?
さっきの看板はなんやったん?

DSC04252.jpg
ニセ?大日岩で休んだばかりなので
「岩」の写真だけ撮って進む

DSC04254.jpg

DSC04255.jpg

DSC04256.jpg
相変わらず雰囲気あるねぇ

勾配が少し出てきたことに加え
急に空腹感を覚えペースダウン( ̄∀ ̄;)
のらりくらり登っていたら
後ろからぐんぐん足音が近づいてくる
てっきり男性だと思ったら
オバサン二人組だった
DSC04257.jpg
この二人、めちゃくちゃ速かった
とりわけ身体が軽そうでもなければ
ザックだってそれなりの大きさ
まるで行進しているかのように
二人の足並みが揃っているように見えた
相当慣れているのだろ
自分があんな風に歩ける日は来ないだろうなぁ(´∀`;)

山オバサン二人組にひたすら感心しながら
マイペースに歩く
DSC04258.jpg

DSC04259.jpg

DSC04260.jpg

DSC04261.jpg

DSC04262.jpg

徐々に明るくなり、遂に樹林帯を抜けた!
DSC04263.jpg

弱気なルーニーのような人が場所を譲ってくれたので
頭直下で絶景を眺める

DSC04264.jpg
DSC04266.jpg
富士山ズーム

DSC04265.jpg
DSC04267.jpg
白根三山ズーム

名残惜しいけど
山頂でも同じ眺望はあるだろうと登り再開
山頂まであと1時間!
ちらっと振り向けば八ヶ岳
DSC04269.jpg

進まねば

DSC04270.jpg

DSC04271.jpg
千代の吹上げというらしい

DSC04274.jpg
目指す山頂が見えてきた

DSC04275.jpg

DSC04276.jpg
徐々に近付く頂

が、眺めが良すぎて立ち止まってばかり

DSC04278.jpg

DSC04279.jpg

DSC04280.jpg

DSC04281.jpg

進まねば(´∀`;)

DSC04284.jpg
金峰山のシンボル!?五丈岩が目の前に!

着いた~と思いきやもう一登り

岩をよじよじよじ登って登頂~
DSC04286.jpg

DSC04287.jpg

DSC04291.jpg

山頂標識や三角点がある所からもう一息岩を登ると
人工物かと思うような岩のテラスが
DSC04303.jpg

ぐるり360度の大パノラマを堪能
DSC04292.jpg
DSC04297.jpg
やっぱりズーム

DSC04293.jpg

DSC04298.jpg
白根三山もう一度ズーム

DSC04299.jpg

DSC04300.jpg

DSC04301.jpg

DSC04302.jpg
合掌(-人-)

毎度のことながら飽きない
が、ココに立ちたいのはワタシだけではないので
いい加減場所を譲った

地図によれば「北面から岩の上に登れる」とのことなので
五丈岩に取り付いてみる

DSC04305.jpg

DSC04306.jpg

DSC04307.jpg

DSC04308.jpg

DSC04309.jpg

3分の1くらい登ったけど(  ̄~ ̄;)ウーン…
ムリw

おめおめと下りて、ごはん♪ごはん♪
DSC04310.jpg

登れないとどーにも気になって仕方がない五丈岩…
DSC04311.jpg

DSC04313.jpg

何度も何度も絶景を見渡していよいよ下山開始
少しでも違うルートを歩きたいので
金峰山小屋経由でちょいと遠回り

DSC04315.jpg

DSC04316.jpg

DSC04317.jpg
めちゃくちゃキレイに積まれてる

DSC04318.jpg
小熊!?ビクーン∑(・ω・ノ)ノと思ったら、ワンコだったw

DSC04319.jpg
小屋に着き、トイレを借りることに
「無断使用禁止」となっていたので
一所懸命声をかけるも誰も出てきてくれない
しばらくウロウロしてまた声をかけて…

トイレ休憩に10分かかったがな
でも、スッキリ((*´∀`*))

下山再開
ほどなく来たルートと合流
DSC04321.jpg

あとは来た道を戻るだけ


登りでは気付かなかった紅葉を楽しみながら
グイグイ下る
DSC04322.jpg

DSC04324.jpg

DSC04325.jpg

DSC04326.jpg

DSC04327.jpg

DSC04328.jpg

富士見平まで戻り、まだ富士山見えるかなぁ~と覗くと
DSC04333.jpg
微かに見えた(≧∀≦)

あとは一気に瑞牆山荘目指してε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘
昨年食べた生姜焼きをまた食べたい一心で…

DSC04334.jpg
到着!

が…
途中からイヤな予感はしたが
やはり既にランチタイムは終わっていた_| ̄|○ ガク



ところで…
昨年、あまり詳しく調べず瑞牆山だけを目指し
実際に登った後で
ココまで来るなら富士見平小屋をベースに
両方登ればよかったかな~と思ったけど
この小屋は自炊&寝具ナシ(レンタルあり?)らしい
そのことを確認するためにネット検索していたら
この小屋、昔、こんなことが…
富士見平小屋のこと
富士見平小屋事件関連記事クリップ
全然知らなかった(゚д゚;)

朝、小屋前の林の隙間からちょうど富士山の頂が見え
「富士見」は伊達じゃないのね~と
写真を撮ろうとデジカメを構えると
デジカメ越しだと富士山が見えなくなってしまった
よく見るとデジカメの真ん中に薄くて白い円がぼんやりと…
何度構えても出る薄い白い円
とうとうこのカメラもアカンか~と思っていたけど
その後は問題なく…
デジカメ越しには見えていなくても写っているのかもと
シャッターだけ押してきたけど
やっぱり写っていなかった
(ただ、携帯カメラと下りでは撮れた)
あの白い円って…

改めて写真を見返してみると
光の加減だとは思うものの
ん???ってものがチラホラ…

この事件のこと
昨年も今年も知らなかったから単独で入れたけど
今後はこの山域に単独では入れないや…(-ω-;)

下界でもイロイロあるけど
山でもイロイロあるわなぁ
スポンサーサイト

* コメント *

No title

お疲れ様でした!

天気最高でしたねー^^
名古屋からだとちと遠いのがネックですが、
奥秩父山系いつか歩いてみたいです。

> yamagoniaさん

つ、つ、疲れました
あっちとこっちへのup(笑)

この日は、時間が経つにつれて空がクリアーになっていく感じで
気持ち良かったです
それでも、まだ12時でももう14時くらいに思えてしまうあたり
今季の山歩きシーズンの終わりが近付いていることをヒシヒシと感じました

初めて奥秩父山系に登ったのが昨年の瑞牆山
デッカイ岩岩がホント印象的で新鮮でワクワクで楽しかったです
ぜひぜひ行ってみてください(。ゝ∀・)b

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/519-a9a9a48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木バス/まさかの8人 *TOP* 木バス/13人

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。