2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

110924御嶽山(3067m)~摩利支天&剣ヶ峰

06:15 五の池小屋出発
06:35 摩利支天乗越(展望台へ寄り道)
06:55 摩利支天登頂(10分滞在)
07:25 分岐
07:35 白竜教会(避難小屋)
07:55 ニノ池本館
08:30 剣ヶ峰登頂(65分滞在
10:25 ニノ池新館(10分休憩)
10:50 白竜教会(5分滞在)
11:05 摩利支天乗越
11:20 五の池小屋(35分滞在)
12:30 お助け水(10分休憩)
13:00 のぞき岩
13:20 湯の花峠
13:55 仙人滝分岐(仙人滝往復15分)
14:15 濁河温泉

周囲のざわめきで目覚めた4:45
朝食まであと15分
夜中に二度ほど目覚めた気もするが
ほぼ9時間以上熟睡
やはり、しっとりしていないお布団の寝心地はイイね

DSC04017.jpg
朝食を済ませてしばらくするとご来光タイム

DSC04018.jpg
真っ先に富士山が目に入ってきた

DSC04019.jpg
DSC04022.jpg
DSC04023.jpg

DSC04025.jpg

DSC04026.jpg

DSC04027.jpg

DSC04028.jpg

DSC04029.jpg

最高だっただけに
この感動を共有できる人がいなくてちょっぴり残念

この日もサブザックで身軽に動く
メインザックは小屋に預けて
剣ヶ峰登頂目指して出発

DSC04031.jpg

が、出だしで進路を微妙に間違えたらしく
気付けば摩利支天乗越に辿り着いた
DSC04049.jpg

帰りに余裕があれば寄るつもりだったのだけど…
せっかくなので先に摩利支天へ上がることに
展望台にちょいと立ち寄って

DSC04032.jpg

DSC04033.jpg
DSC04034.jpg
DSC04035.jpg
DSC04036.jpg

摩利支天の狭い狭いピークに到達
DSC04037.jpg

DSC04041.jpg

小屋で一緒だったヒトリストのおじさん×2人が先客で
ワタシが到着してしばらくすると途中で抜いたおばさん二人組がやってきたので
チャチャっと写真を撮って退散

DSC04038.jpg

DSC04039.jpg

DSC04040.jpg

DSC04042.jpg


同じ道を乗越まで戻る

DSC04044.jpg
雨期にしか水が貯まらない六ノ池にお水が

DSC04045.jpg

DSC04046.jpg

DSC04048.jpg
この日の朝も冷え込んだようで

乗越を経て、ロープや開田への分岐に到着
DSC04051.jpg

DSC04052.jpg

当初はココへ直接来るつもりだったのにな~
と、来るはずだった登山道の方を見ると
横たわった丸太に「×」が
通れないらしい
ということは、ちょいと進路を間違えたことが功を奏したらしい

先週とは大違い
いい気になって先へ進む

DSC04053.jpg
白竜教会
とはいえ、避難小屋があるだけで教会らしき建物はないのだけど

DSC04054.jpg

DSC04055.jpg
そしてココがサイノ河原
渡ったことはないけど
三途の川を渡るとこんな世界が広がっているのではないかと思ったり…

DSC04056.jpg
二ノ池し、し、新館
赤岳展望荘のお風呂を経験して以来
山小屋のお風呂には期待しないことにしているw
ちなみに水は、二ノ池から汲み上げているらしい

DSC04058.jpg
そして二ノ池本館

一ノ池が涸れた現在
二ノ池は日本最高所の高山湖だそうな
DSC04059.jpg

DSC04060.jpg

DSC04062.jpg

DSC04063.jpg


ラストスパート!(でも、もちろん遅いw)

DSC04064.jpgやけに赤い

DSC04065.jpg小屋見えた!

DSC04069.jpg小屋来た!

DSC04070.jpgもうひとつ小屋来た!

あと少し!
残すは…
DSC04071.jpg
だ、だよね

下40段、上30段(だったかな)を
登りきった空間に広がる360度の大パノラマ

剣ヶ峰、人生二度目の登頂~

DSC04072.jpg

DSC04074.jpg

DSC04075.jpg

田の原(2240)方面
DSC04077.jpg

ロープ方面
DSC04078.jpg

甲斐駒→仙丈→北岳→間ノ岳→農鳥岳そして微かに富士山
NEC_1013.jpg
北岳の右斜め前は木曽駒?

乗鞍の後ろには憧れの槍~穂高連峰をはじめ北アの山々
NEC_1009.jpg
笠のキレイな三角を見るに「登りたい…」気持ちがムクムク

そして八ヶ岳連峰
NEC_1012.jpg
登った山を眺めるのは気分がいいのぉ

時の経つのも忘れて
撮っても撮っても写真には納めきれない感動を納めようと
寒さでバッテリーがイカれたデジカメのシャッターを押しまくり
ただただ山を眺めているだけで一時間が経過していた

NEC_1017.jpg

名残は尽きないがいよいよ下山する覚悟を決める
せっかくなので神社の一部をパチリ
NEC_1019.jpg

NEC_1020.jpg

そして何気なく神社の階段を下る
NEC_1021.jpg
が、お鉢巡りするためには神社の裏へ行かなアカンかった
またあの階段を上る羽目に

今度こそ神社の裏手へ

NEC_1014.jpg
モクモクしてた
この山もまた活きているのね

NEC_1024.jpg

NEC_1025.jpg

DSC04081.jpg

DSC04082.jpg

DSC04084.jpg

DSC04085.jpg 継母岳

DSC04086.jpg 遠ざかる剣ヶ峰…

DSC04087.jpg

DSC04089.jpg

DSC04090.jpg

DSC04091.jpg 六ノ池と二ノ池新館

DSC04092.jpg ニノ池と二ノ池本館

水のない一ノ池をグルっと回って二ノ池新館到着

あとは来た道と同じルートを歩き…

DSC04093_20110929102205.jpg

DSC04094_20110929102205.jpg

NEC_1026_20110929102205.jpg

五の池小屋へ戻った
NEC_1027.jpg

荷物をまとめ直して下山準備を整える
女一人ということで随分気を遣ってくれたスタッフの皆さんにお礼をして
五の池小屋をあとにした
「また来ます!」
基本、リピートはしない質だが
自ずとこの言葉が出た

来季こそ夏に登ろう
ただ、その時は布団二組に三人とかになっちゃうかも

そして、次は、アノ山の予定♪
NEC_1029.jpg

グイグイ下って行きにパスした仙人滝へ

NEC_1032.jpg

NEC_1033.jpg

NEC_1034.jpg

NEC_1036.jpg

NEC_1037.jpg

NEC_1040.jpg

濁河温泉の市営露天風呂にマッタリつかり

NEC_1042.jpg
閉鎖されたスキー場の斜面を眺めて妄想して〆


冬のホーム御嶽山がますます好きになった山行だった
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/513-a55c4d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月バス/13人 *TOP* 110923御嶽山(3067m)~飛騨頂上&継子岳

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。