2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

110910 二位でもスバラシイ 北岳(3193m)~1日目~

05:00 乗合タクシー出発
05:15 夜叉神ゲート着
05:25 再出発
06:00 広河原駐車場着
06:05 登山スタート
08:05 白根御池小屋(20分休憩)
10:00 右俣ルート合流ポイント(15分休憩)
10:30 小太郎尾根分岐
11:10 肩の小屋(15分休憩)
12:15 北岳登頂(35分休憩)
13:50 北岳山荘到着
(※5分刻みでザックリ記録)


タラスの後遺症に翻弄された(のはワタシだけ)登山計画
木曜まで通行止めだった林道南アルプス線こそ
当初予定していた日程に間に合ったものの
登山道へのダメージはデカかった

希望していたメイン(大樺沢)ルートは×
右俣ルートも×(二俣に行けないと)
同じルートのピストンだけは避けたい一心で思い付いた
野呂川出合→両俣小屋→間ノ岳→…の治山ルートも×
結局、白根御池小屋→草すべりルートの一本のみ
つまりピストン
止む無し

バスの始発が早い土曜に出発日をスライドさせ
金曜終業後、準備が整い次第出発
2時頃芦安駐車場到着
バスの始発が5時10分なので4時に目覚ましセット
2時間の浅い眠りから目覚めると周りはガヤガヤ
乗合タクシーのおっちゃんが客集めに回ってきていた
タクシーは4時半から動くらしい

慌ててタクシー乗り場へ

なんとかバスの始発より早く出発
コレだけで気持ちがどっと疲れた
先行き不安…

夜叉神駐車場でタクシーが止まる

DSC03545.jpg

DSC03546.jpg

5:25にならないとゲートが開けてもらえないとか
結局、早々と出ていった人たちもココで足止めを喰らっているわけだ

この待ち時間を利用して朝食用のおにぎりを食べる

夜叉神を再出発してほどなく
北岳~間ノ岳のビューポイントでタクシーがまた止まる
他のタクシーはガンガン通過したのだけど

DSC03549.jpg

DSC03547.jpg

この稜線…
歩きたい…

そんなこんなで結局始発のバスに抜かされた
広河原駐車場に着くと人がウジャウジャ

DSC03550.jpg

DSC03551.jpg

皆、我先にスタートしていった
あの頂を目指して…
DSC03552.jpg


DSC03554.jpg

DSC03556.jpg

この橋を渡っていよいよ「登山」スタート

DSC03555.jpg
ハァ~


登山道はのっけから案外急登&数珠繋ぎ

DSC03558.jpg

後ろからペースの速い人やトレランぽい人が追いつくと
その人たちのイライラが伝わってくる
前が詰まっているのだから仕方ないのに…
だとしても、「まずは退け」ってことなのだろうが

てなわけで、写真を撮る余裕など全く与えられず
白根御池小屋到着

急かされたおかげか
標準(?)タイムより1時間ほど早かった

DSC03561.jpg

DSC03564.jpg

「南アルプスの天然水」飲み放題
DSC03562.jpg

巷で見かけるソフトクリームの立体看板にそそられつつも
遥かなる頂を目指す
DSC03563.jpg

次は、草スベリなる急登
DSC03565.jpg
大日に登った時の、ウイングのゲレンデ歩きを思い出す

少しずつ近付く頂
DSC03566.jpg

南アデビューの山、鳳凰三山
DSC03567.jpg
肉眼では地蔵岳のオベリスクがクッキリ見えた

右俣ルート合流ポイントで空腹に耐えかねタイム
DSC03568.jpg
暑くてバテバテだけど
お天気良くて気持ちイイ~

富士山の頭が見え始めた
DSC03569.jpg

ズーム
DSC03570.jpg


甲斐駒や仙丈ヶ岳もいつかきっと
DSC03575.jpg

DSC03573.jpg


このあたりから猛烈に眠くなってきた
2時間の浅い眠りでは当然か

早く横になりたい一心で前進する

肩の小屋到着
DSC03578.jpg

DSC03580.jpg

ピークがググッと近付いた
DSC03577.jpg

あと一息
DSC03583.jpg

DSC03584.jpg

DSC03585.jpg

と、思っていたら、違った
DSC03586.jpg

どっと疲れ、隊長との距離がグングン開く

ま、急げと言われても急げないので
あとはひたすら牛歩でピークを目指す

隊長からどれくらい遅れたのだろう

ともあれ無事再合流を果たし
日本第二の高峰ピークを満喫

DSC03588.jpg

DSC03590.jpg

DSC03596.jpg

ピクルス初仕事
DSC03592.jpg

しばし眺めを堪能

DSC03593.jpg

DSC03597.jpg

DSC03598.jpg


隊長にお湯を沸かしてもらいコーヒーブレイク

隊長が持ってきたドールのドライマンゴーがめちゃくちゃ美味しい
次回から行動食に取り入れようと心に誓う


名残は尽きぬが、明日も登らなきゃ帰れない山
北岳山荘に辿り着けば睡眠を貪れる
少~し頭が痛いけど山荘まで下がれば少しは楽になるだろう

DSC03600.jpg

DSC03601.jpg

DSC03602.jpg

DSC03603.jpg

ゆっくり、着実にこの日のゴールを目指す

到着~
DSC03604.jpg

DSC03605.jpg

受付を済ませ、2階の9人部屋へ
荷物を置いて、ホッとしたのか
頭痛は・・・・・
悪化する一方

とにかく眠いので、隊長放ったらかしで
痛みと闘いながら、寝る寝る寝る
食事までの3時間を3回くらいに分けて寝た

17時前になり食堂へ向かうと
炊き立てご飯の匂いがフワ~ン
コレがダメだった
新たに吐き気が加わったw
でも、食べなきゃ、ロキソニンをぶち込めない
なんとかがんばって
魚の煮付を3口、ごはんを3口…で、ギブアップ
大惨事を起こす前に退席

セルフで食器を片付ける際
ほとんど食べていないのを見た山小屋のスタッフさんが声をかけてくれて
症状を伝えると「高山病」に認定された

部屋に戻って横になってもいいけど寝てはダメ
意識的に酸素をたくさん取り込まなければならない状態なので
寝てしまうと呼吸が浅くなり酸素を取り込めないのでダメなのだと

あ…
散々寝てしまった…
それもダメだったんだ

元気があるのであれば、少し外を歩き回るといい
とのことだったので
元気はないけど外に出てアーベンロートを眺める

DSC03606.jpg

DSC03608.jpg

DSC03609.jpg

DSC03610.jpg

DSC03612.jpg

DSC03613.jpg

DSC03614.jpg


翌日予定していた間ノ岳への縦走は…、ほぼ絶望的になった
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/506-ebb25b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

110911 二位でもスバラシイ 北岳(3193m)~2日目~ *TOP* 生きてることが辛いなら/森山直太朗

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。