2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳縦走 その弐

06:25 赤岳展望荘
06:55 赤岳(10分ほど滞在)
07:55 中岳
08:35 阿弥陀岳(15分ほど休憩)
10:00 不動清水
10:55 御小屋山
12:15 美濃戸口
(※5分刻みでざっくり記録)

DSC03492.jpg

DSC03493.jpg

DSC03494.jpg

DSC03495.jpg

DSC03498.jpg

DSC03499.jpg

DSC03500.jpg


ご来光とモルゲンロートを楽しみにしていたワタシ
5時前に二人を叩き起こし外へ

寒~

ガマンしてご来光を待つも雲がぁ~~~
とはいえ、コレはコレで幻想的
山で迎える朝は心が洗われるようだ

朝食も美味しくいただく
標高2722m地点で
クラッシクを聴きながらの優雅な食事
なんだか不思議だった(笑)

朝になっても微妙に残る片頭痛
朝食後に再度ロキソニンを服用するつもりだったのが
忘れてしまう
が、歩き始めて気付いたが、治っていた


午後の天気が怪しいのでこの日も出発を早め
八ヶ岳の主峰、赤岳を目指す

DSC03502.jpg

DSC03503.jpg

DSC03505.jpg

DSC03506.jpg


無事、赤岳(2899m)登頂~

DSC03508.jpg

DSC03511.jpg

赤嶽神社でココまでの無事を感謝し
最後までの無事を祈り
写真を撮って先を急ぐ

DSC03514.jpg

DSC03515.jpg

DSC03516.jpg

DSC03517.jpg
権現岳方面

DSC03518.jpg
中岳・阿弥陀岳方面

DSC03519.jpg

DSC03520.jpg
赤岳を振り返る

DSC03521.jpg
硫黄岳・横岳を振り返る

あのギザギザを越えてきたのかと思うと感慨も一入

中岳
DSC03523.jpg
を通過し
今回の最終ピーク阿弥陀岳を目指す

DSC03524.jpg

DSC03525.jpg

DSC03527.jpg


阿弥陀岳(2805m)登頂~

DSC03528.jpg

DSC03529.jpg

DSC03531.jpg

DSC03532.jpg

DSC03533.jpg

最後なのでコーヒーでも…
と思ったら、水を持っていないことに気付き断念
天候も気になるので
名残惜しいけれども下山開始

DSC03534.jpg

DSC03535.jpg

かなりのガレ場で何度か石を落として
Yさんにぶつけちゃったw

途中、山ガール3人組に追い付き、追い越させてもらうう
山ボーイ二人の動きが急に良くなったのは気のせいだろうか

飲むための水分はあるものの
コーヒー用の水がないので不動清水へ
荷物をデポって給水に向かう

DSC03538.jpg

DSC03537.jpg

DSC03536.jpg


荷物のところに戻ると山ガール達の荷物が
と、ワタシが落とした(知らなかった…)ボールペンを拾ってくれて
手渡してもらっていた、Yさんがw

水は汲んだものの
のん気に湯が沸かせる場所でもなく
行動食で小腹を満たしながら
山ガール達の出発を待っている様子の山ボーイ

彼女達が出発してほどなく出発したはずの我ら
阿弥陀岳からの下りで立ち往生気味だった彼女達
すぐ追い付くと思っていたがなかなか追い付かない
次第に先頭のIさんはトレラン状態

なのに…

追い付かなかった

彼女達はいったいどこへ…


DSC03539.jpg


鬱蒼とした樹林帯にもかかわらず三角点発見

DSC03540.jpg

御小屋山という山だった
長年連れ添ったクマ隊長に
最後の最後の御役目を果たしていただく


DSC03541.jpg

DSC03542.jpg

延々と続く単調な樹林帯歩きが終わり別荘地帯へ!
と、別荘から「おかえりなさ~い」の声が
「ただいま~」と返したら
「あと2キロ、がんばって!」と言われる

ココに来てのアスファルトの下りは非常に辛かった
あまりの辛さに後ろ向きで歩いてみたりw
でも、行きに通った林道を下るよりは良かったかな

結局、コーヒーを淹れることなく

DSC03544.jpg

無事、出発点に戻ってきた

出発点でもあり終着点でもある八ヶ岳山荘で小腹を満たし

convert_20110818134247.jpg

八ヶ岳を後にした


八ヶ岳核心部縦走、満足満足
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/491-df8168cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月バス/13人 *TOP* 八ヶ岳縦走 その壱

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。