2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々報…

来季は村営の可能性 指定管理者撤退めぐり王滝のスキー場
2011年6月14日

王滝村のスキー場「おんたけ2240」の指定管理者が撤退を決めた問題で、村などによる住民、村内事業者への説明会が12、13日、村公民館であった。村は村費による当面の設備修繕を提案。新しい指定管理者を探しつつ、応急的に来季に限り村が運営する可能性を示した。

 参加者からは先行きへの不安、村内経済への影響が大きい施設の存続を求める声などが出たが、村による施設整備への強い反対は無かった。村は整備費の細部を詰め、開会中の村議会に関連予算案を提出する考えだ。

 12日の村民説明会は村と村議会が共催し、約80人が参加。瀬戸普村長が、指定管理者の加森観光(札幌市)による撤退表明の経緯を説明。不採算部門の下部ゲレンデと浴場を除き「来季に向けた修繕費は最大1億3500万円」などと話した。

 村民からは「村が財政危機を招かないか不安。将来を見据えた方針を」「整備費を抑え、村が新企業体を作り運営しては」「厳しい財政下、新企業体設置は現実的ではない」などの声があった。

 13日は、村内観光事業者などでつくる王滝観光総合事務所が、意見交換の形で村から説明を受けた。

 加森観光は10年契約で指定管理者になったが、東日本大震災によるグループ企業の打撃を理由に、撤退を表明。4季を残した撤退をめぐる補償などの点は、村は「弁護士に相談する」と説明している。

 村は「村が運営するにしても1季のみ」との意向。今後も運営主体の模索が続くが、見つからなければ、継続が厳しくなる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

人口1000人にも満たない小さな王滝村にとって
来季を営業することがどれだけの負担か…
それだけ「おんたけスキー場」が村にとって重要な存在だったのだろう
明るい未来へ一縷の望みを託そうとしている王滝村に幸あれ
スポンサーサイト

* コメント *

なるほど・・・
ざぶんもチャンピオンも諦めるんで
なんとか来期だけでも踏ん張って欲しいですね

所でロープも無くなったのに
なんで2240はあんなに人が少ないんでしょう?

> lincolnさん

なんとか来季だけは村営でがんばってくれるみたいです
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20110614ddlk20020008000c.html
幻の来季営業を利用して
なんとか御嶽山BCを実現したいです!

木曽の来客が少ないのは…
ETC1000円の影響とか!?
高速1000円なのにわざわざ延々と下道走る木曽はねぇi-229
アクセスの悪さ
どーにもならない現実のようですねi-181

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/450-e6ef092e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

登山講座 理論⑥ *TOP* 登山講座 実技②→編笠山

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。