2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101011西穂独標(2701m)

今回こそ西穂独標リベンジ
「日曜、…行っちゃいますか!?」というY隊長の意見を退け
日曜より天気が良いはずの今日を推したワタシ

上高地入りが面倒だしな~とかなんとか言って新穂高RW利用ァハハ・・(・∀-`;)
高速を走り、高山が近付くと案内板に「雨、走行注意」とかなんとか

工工工工エエエエエェェェェェェ(゚Д゚ノ)ノ
雨ってな~に???

日が昇ればきっと晴れるはず…
信じていたのだが…


さて、今日は隊長のスノーボード友達の
AさんとYさんがご一緒されるとこのことでちょっとドキドキ
7時半集合だったけど、6時半に着いちゃった(*´∀`)
が、鍋平高原Pへのゲートが閉ざされている
開くのは8時
ひたすら待つ

結局、8時より早くゲートは開き
第2RWにもそこそこすんなり乗車
約7分で一気に標高2156mへ!
ただ、依然空模様が(  ̄~ ̄;)ウーン…

「僕、日曜って言いましたよねぇ」
「西穂独標には縁がないんですかねぇ」
隊長の言葉が刺さる…


展望台や千石園地内には目もくれず、登山口へ

DSC02491_convert_20101013221043.jpg

DSC02492_convert_20101013221124.jpg

服装を整え直して、8:30スタート~

しばらくは登る感覚がほとんどない
歩きながらでもWストックのセッティング余裕~
とか思っていたら、ストックの長さが調節できない
Wで計4ヶ所固定しなければならないのに1ヶ所しか固定できない
昨シーズンの雨飾と違い今シーズンはそこそこ使っているのにどうして…

天気といい、ストックといい、なぜ?どうして?なぜ?どうして?
でも、い、い、いつかきっと…
ひたすらストックを弄りながら一人登山に集中できず

と、視界が少し開けた所に来たら
頭上には見渡す限りの青空が広がっていた!

DSC02493_convert_20101013221210.jpg

DSC02494_convert_20101013221245.jpg

キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!

あのまま天気がしけてたら隊長に一生言われるところだったかもぉ
何はともあれ一つホッとした

が、依然ストックは使い物にならない
でも、だんだん是が非でもストックが欲しい状況に…
もう調節しながら登る余裕はなくなる
こんなことなら忘れた方がマシやったわ…
ままならぬストックは無用の長物に…
普段いかにストックに頼っているのかを痛感した

ストックを使えないしんどさと、使えないストックが超ジャマな苛立ちに加え
なんだか貧血っぽくなり、登頂の自信が奪わる
「山荘で待っていようかなぁ…」と心の中で呟くワタシ

9:30、なんとか西穂山荘着

DSC02496_convert_20101013221334.jpg

DSC02497_convert_20101013221410.jpg

DSC02500_convert_20101013221623.jpg

めちゃくちゃいい天気~

景色に癒されたのか気付くと気持ちは随分復活
登頂できる気がしてきた
ストックは諦めてザックに取付け
15分ほど休憩ののち、再出発

土が流れるのを防ぐためか登山道には拳大の石がゴロゴロ
足元が不安定で歩きづらい
息は上がらないが、カラダも思うように上がらない
す、す、ストックが欲しい…
折れそうな心をまたまた景色が救ってくれる

DSC02501_convert_20101013221717.jpg 焼岳のピーク

DSC02502_convert_20101013221808.jpg 目指す頂(ちょっと平らな方)

DSC02503_convert_20101013221840.jpg

DSC02509_convert_20101013222003.jpg
3人には申し訳ないけど、一人、ゆっくりゆっくり歩く

DSC02511_convert_20101013222059.jpg 独標に人の姿が見え始めた

DSC02512_convert_20101013223111.jpg 近付いた

これを登り切れば! DSC02513_convert_20101013223234.jpg

登りも下りも同じようなところを通るので必然的に渋滞
最後の岩場終盤で、左足の太ももが攣り始めたけど…

DSC02514_convert_20101013223322.jpg 11:10、西穂独標登頂~

しばし、360度の山岳パノラマを満喫する

DSC02518_convert_20101013223414.jpg 前穂かなぁ

DSC02519_convert_20101013223502.jpg 大正池と焼岳

DSC02521_convert_20101013223554.jpg 上高地

DSC02522_convert_20101013223802.jpg
富士山(奥の小っこいの)

DSC02523_convert_20101013223849.jpg
zoom up

大賑わいの山頂
立ち位置の都合で思うように写真が撮れなかったけど
ホント晴れてよかった~ヽ(≧▽≦)ノ

名残はつきないけど、滞在15分ほどで山頂をあとに…

DSC02525_convert_20101013223939.jpg

DSC02526_convert_20101013224024.jpg

下りは3人に遅れることなくグングン進む

DSC02530_convert_20101013224110.jpg
こんな所を登ったのね~と振り返る余裕もあるわけでw

DSC02531_convert_20101013224154.jpg
 ナナカマド越しに西穂山荘が見えた

12:30、西穂山荘到着でランチ
13:25、下山再開
14:25、登山口帰着

登山口で、本日の山行を振り返りのではなく
なぜかスノーボードについて立ち話(* ̄m ̄)
RW乗り場では長蛇の列に並び
15:30、鍋平高原駅に戻った

登山の〆は温泉
温泉通の隊長一押しの「深山荘」は混浴なので却下
急遽探した「水明館 佳留萱山荘」へ
結果、ワタシ的には混浴に対する隊長の執念を感じたのだけど
ご本人的には悲劇(?)に見舞われたようで…
あー、混浴でも堂々と入れるナイスバディになりたいものだw

隊長は本日で今期の山行納めのご様子だったので
AさんとYさんとは雪山での再会を誓い、お別れ
とてもステキなカップルで、いつかまたご一緒できるといいなぁと思った
ま、ワタシが足を引っ張るんだけどね( ̄▼ ̄;)
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/276-51510210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木バス12人 *TOP* スノーボード天国

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。