2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお稽古_〆(・ω・o)

DVC00163.jpg

DVC00164.jpg

DVC00162.jpg
お菓子は「柿」では不粋らしく「秋日和」だそうな


なんだかと~っても久しぶりに濃茶のお点前
母と二人だったので一客一亭
細かい部分が曖昧になっていた

「茶杓は釜付き」と思いながらも
パッと見、客付きの方がバランス良さそう?こっちだっけ?
と迷って、間違えたw

洋服なので懐中服紗を懐中できない都合上
背中側に“懐中”していたら
出す時はともかく、戻す時に間違えたらしく
拝見で、再度出す時、おかしなことになっていた
昔からコレはほとんど間違えなかったんだけどなぁ…(´-ェ-`)

お点前が終わろうとした時続き薄茶を所望されるも
膝を休めたかったので、一旦終了

誰も来ないので薄茶のお点前に突入
ご自服分を点てる時、客と亭主が入れ替わり
母に薄茶を点ててもらった
京都で習っていた時は、先生に点ててもらうなんて一度もなかったけど
うちは、初釜以外で母が点てるのは非常に珍しい
ま、ワタシだったからそんなことを思いついたのだろうが

ただ、これでこのやり方に味をしめたのか
次に来たHさんの時にも
Hさんがご自服分を点てる前にワタシと入れ替わって
またワタシがお点前する羽目に(´∀`;)
同じように道具を配置しているつもりでも
人様が配置した状態から始めるのって
道具の並びに若干の違和感を覚えた

そんなこんなで約2時間
「今夜は焼肉♪」まで時間があったのでフラフラしていたら
炭点前をさせられそうになったけど、遠慮した
そんなにやったら、マジで膝壊れそうだもん(ノ∀;`)


DVC00165.jpg DVC00166.jpg
薄茶に使った茶碗
奈良の赤膚焼
鳥居(春日大社らしい)と人形がこの茶碗のチャームポイント
ワタシが奈良にいた頃、母が奈良に来て買ったモノ
茶道具の歴史を思えば全然ひよっこだけど
あれから20年近くの時が流れているのだ…

DVC00167.jpg

DVC00168.jpg DVC00169.jpg
濃茶に使った茶碗
岐阜の…何焼きだっけ(・∀-`;)
茶碗に残る、薬をかける時の作家の指跡が
この茶碗のチャームポイント
スポンサーサイト

* コメント *

あっちより写真が多いのぉ
二つ更新するのめんどいやろ?

> o様。さん

このネタはあっちも皆さんの興味薄いですし
このネタでアルバムを作ることもないだろうと思ってw

こっちは日付が自由自在だからなんとかやれまっせ
ま、いつどうなるか分からないけどー

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/273-3196e8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スノーボード天国 *TOP* 筋肉委員会!?

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。