2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100905燕岳(2763m)

リベンジ西穂独標!?で、燕岳へ
7月の唐松と同じく(?)北ア入門
と信じていたのだけど…

今日はさすがに迷うことなく集合場所到着イェ────v( ´∀` )v────ィ
(威張ることではないが…)
登山口のある中房温泉を順調に目指す
秘湯♪ 源泉掛け流し♪
早くも山行後が楽しみ~(σ≧∀≦)σ
と信じていたのだけど…

有明荘手前から路駐車が目立ち始めた
やはり相当人気のある山のようだ
ダメ元で第一無料駐車場まで行くも、やっぱりダメ(;´Д`)
有明荘まで戻り、さらに下った所で路駐
朝食をとり、準備を調え、7時10分、いざ登山口へ

車だと全く気にならない1kmちょっとの登り坂
歩くとめちゃくちゃ気になる(  ̄~ ̄;)ウーン…

DSC02166_convert_20100908221241.jpg

多分7時30分くらいに登山開始
「北ア入門」「整備された歩きやすい登山道」
信じて疑わなかったのに…
なめてた…
整備されていないとは言わないがかなり歩きづらい(;´д`)
加えて、前夜の2時起床に備え
寝付けないのはマズイとエアコン付けっ放しで寝たら
いつもほど寝汗をかかなかったせいか
前日摂りすぎた水分が汗となって一気に吹きでるわで
いきなりめちゃくちゃ疲れる(≧w≦;)
ゼーゼー言いながら、8時、第一ベンチ到着

DSC02167_convert_20100908221349.jpg

DSC02168_convert_20100908221436.jpg


本来ハイドレーション対応ではないマイザックに
今回は無理矢理ハイドレーションを忍び込ませていたので水分補給は思いのまま
休憩ポイントではザックを下ろし、写真を撮って、日焼け止めを塗り直す

8時30分第二ベンチ

DSC02169_convert_20100908222431.jpg

DSC02171_convert_20100908222519.jpg

9時10分第三ベンチ到着

DSC02174_convert_20100908222911.jpg


それぞれの休憩ポイントで↑と同じ行動を繰り返す
地図を見ると、この先急登っぽいので命のWストックをザックにしまう

9時50分富士見ベンチ

DSC02178_convert_20100908223041.jpg

DSC02179_convert_20100908223123.jpg


10時30分合戦小屋到着

DSC02182_convert_20100908223412.jpg

DSC02183_convert_20100908223627.jpg


登山口からココまでの登山道はほとんど樹林帯で展望なし
おかげで日射しは遮られるが、風も通らない
そして、さすがは北ア三大急登

DSC02172_convert_20100908222604.jpg

DSC02181_convert_20100908223331.jpg

何度となく攀じ登る羽目に
不安だったけどストックをしまっておいて良かった
が、もうほとんど大丈夫なはずの左膝をついつい庇ってしまい
右足から登ることが多くて右膝にどんどん負担がかかった

さて、合戦小屋といえばすいか
「合戦小屋まであと7分」の看板を過ぎてしばらく登った所ですれ違った下山者に
「もうすぐすいか小屋だよ!」と励まされた
一切れ(一玉の6分の1?)800円という高級すいか
塩分補給を兼ねて、塩をバンバンにふりかけて食べる

DSC02184_convert_20100908223703.jpg

でらうま~マイウ―――(( ´艸` ))―――!!!!

と満足していたら
小屋スタッフのおっちゃんが別グループに
「すいかは今がピークです。どうぞ一口目は塩をかけずにそのままお召し上がりくださ~い」
とかなんとか言っていた(´-ω-`)
至福のすいかタイムを終え、10時50分再出発

しばらくすると、槍が見えた!

DSC02187_convert_20100908223847.jpg

更に登ると、新し目な三角点のある無名の休憩ポイントに出た

DSC02188_convert_20100908223937.jpg

DSC02189_convert_20100908224017.jpg

燕山荘までこんな休憩ポイントはないと思っていただけに
ひょっこりたどり着いた時は無性にうれしかった
そして、やっと燕山荘や燕岳が見えた!(ノ≧∀)ノ♪

DSC02190_convert_20100908224154.jpg


が、遠い…
あんなところまで、あと30分くらいで登れるのだろうか…

登れた

DSC02194_convert_20100908224437.jpg

DSC02196_convert_20100908224520.jpg


11時50分、燕山荘到着!

DSC02198_convert_20100908224615.jpg


腹ごしらえをして、軟弱者のワタシはザックをデポして

DSC02199_convert_20100908224652.jpg

DSC02202_convert_20100908224943.jpg


12時45分、燕岳のピークハントへ!

燕山荘と燕岳の標高差は700mちょっと
花崗岩の巨大オブジェやハイマツ群の間を
アップダウンを繰り返しながら歩く

DSC02203_convert_20100908225021.jpg

DSC02204_convert_20100908225106.jpg

DSC02208_convert_20100908225324.jpg


そして、13時10分、登頂成功~!

DSC02205_convert_20100908225149.jpg

DSC02206_convert_20100908225239.jpg


すっかりガスって周囲は見渡せず( ゚Д゚)ァハハ八ノヽノヽ・・


狭い山頂
後がつかえるのでわずか5分の滞在で明け渡し

燕山荘に戻って荷物をピックアップ
13時45分下山開始

14時25分 合戦小屋着
14時55分 富士見ベンチ着
15時25分 第三ベンチ着
15時55分 第二ベンチ着
16時20分 第一ベンチ着
それぞれの休憩ポイントで5~10分の休憩を取りながら
16時55分、無事下山
途中、怪しくなったお天気もなんとか持ってくれて良かった

が…

朝、登山口へ向かう途中
チラリと見えた有明荘の営業時間案内の看板が
下山している間ずっと気になっていたのだが
不安的中
日帰り入浴の受付は17時で終了だった(ll゚д゚)ゴーン

祈るような気持ちで登山口の中房温泉まで行くが
コチラに至っては「16時半までに入ってもらわないと…」と
家路を急ぐ(?)スタッフのおっちゃんに告げられ
泣く泣く秘湯を後にした(´;Д;`)

秘湯の夜は、早いw

ヨレヨレ、ドロドロ、別のお風呂の当てもなく絶望している中
たまたま見つけた日帰り入浴施設に飛び込み
なにはともあれさっぱりしたところで改めて帰途についた

登山+温泉であれば、温泉の営業時間も要チェックだと学んだ
スポンサーサイト

* コメント *

カッコイイ山ですねー
こんなトコ登ってみたいです
でも登り6時間弱はムリかも・・・

あ、自分もストック買ってみました
下りで使うのムズカシイですけど
全然ラクですね

> lincolnさん

独特な山容のステキな山でしたよ~
登り6時間弱?
あ、この中には1時間近いランチタイムも含まれてます(´∀`;)
かつては地元中学生の登山学校によく利用されていたくらい
初級者向きの山らしいので
lincolnさんも登れますよ(。ゝ∀・)b

ストック、入手されたんですね!
お膝の負担軽減のためには絶対おススメ
すぐ使い慣れますよ♪

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://feelgood149.blog71.fc2.com/tb.php/253-47a6bf66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月バス/7人チ───(´・д・`)───ン *TOP* 本日のお稽古_〆(・ω・o)

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。