2013-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月バス/14人

◆オールコートの5対5…10分×4本
◆オールコートの5対5…5分×1本

情けないかな
前日の5時間足らずの登下山でプチ筋肉痛(´゚ェ゚)
を引きずって 体育館へ

しかし この程度の筋肉痛は
むしろ動くと気持ちイイ(←負け惜しみ)

何気にぼちぼち好調

ロングが決まると楽だわ~

けど パスが下手だ(´・_・`)
男子のスピード&パワーに追い付かね~
いまさらだけど
スポンサーサイト

藤原岳ハイキング からのぉ VALHALLA上映会

土曜の夜 CALLAへAQUAを迎えに行ったついでに(?)
ちょっと足を伸ばしていなべへ

いろんな人から勧められて
ず~っと気になっていた藤原岳を歩くことに

立派過ぎる登山口駐車場でcar団地
good sleep過ぎて寝過ごし
準備が整った~と思ったらにわか雨でしばし待機

7:20 やっと出発

二合目
三合目
四合目
五合目
六合目
七合目
八合目

まではむちゃくちゃ整備されている
数か所 この道何?と思うことはあったけどw

九合目から藤原山荘までは
それまでが歩きやすかった分
ちょっと歩きにくく感じた
大雨の影響で流れたであろう部分が修復しきれていないところもあったり
例によって知らぬ間にちょっぴり登山道を外れたこともあったけど(´゚ェ゚)
マーキングは見落としいないのでオケw

9:30 藤原山荘到着

小屋の中でしばし休憩をして いざピークハントへ!

9:55 登頂~ヽ(∀)ノ

あれ?看板がない
傍にいたオジさんに訊いたら
「そこにあったんだけど」と指差す方を見るも形跡なし

展望台=山頂だと思っていたけど
なんだか標高足りなくね?

眺めは悪くないけど 曇っていてちょっと…w

釈然としないままクルリと写真を撮り
10分ほどで退散

午前中に下山したかったこともあり
ソロのオジさん2人とデッドヒートを繰り広げながら下ると
登ってくる人の多いこと 多いこと
20人くらいのパーティーとの擦れ違いには唖然とした(´゚ェ゚`)

ボーイスカウトのガキんちょ
道を譲ってくれるのは有り難いが
もっと広いところで頼むぜ

二合目辺りで
素人モード全開の山ガール二人組と
そのちょっとあとにソロの山ボーイとすれ違ったけど
まさか登頂目指してないよねぇ

いろんな登山者とすれ違う中
道を治している人たち
倒木を処理している人たち
雨で道の土が流れないように整備している人たち
たくさんのボランティアによって
この登山道が支えらえれていることを目の当たりにした
ローカルの人中心に
この山が如何に愛されているのかを垣間見た気がした

時期的なものもあり
山そのものに対する個人的感想は・・・だったけど
それはそれで登った意味はあったのかな(´∀`)


なんとか12時前には下山完了
最寄の温泉に入って一時帰宅

夜は「VALHALLA」上映会@Patagoniaへレッツゴーε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

滑走シーンを観たら なんだかムズムズしてきた(*≧艸≦)

IMG_20131027_210001325.jpg

上映会終了後に 想定外のお楽しみ会♪
で ジャンケンに弱いこのワタシがジャンケンに勝ってリフト券ゲット!
IMG_20131027_213258828.jpg
(高鷲ダイナが欲しかったけど そこは負けてしまって鷲…
ひるがのが阻止できただけイイかw)

今季は久々に鷲行くぞ~(笑)
(スノーボードでは初めてだ!)

来月のspeaker seriesが丸山隼人ってことで
BOWLなんて縁ないけど つい予約w
IMG_20131027_213358441.jpg

帰りに友人から幻の栗きんとんをいただき
IMG_20131027_213223582.jpg

具沢山な一日だったーヽ(≧▽≦)ノ


【藤原岳の思ひ出】
20131027 藤原岳ハイキング

AGバックカントリースライドショー「憧れのパウダースノーへ」

1914857211_176.jpg

今年も参加( ̄∀ ̄)
決して“反省会”目当てではない!(たぶん)
シーズンインする前に復習復習φ(。_。*)メモメモ

今季からステップアップ基礎講座@名古屋(&大阪)が開催されないかも…
ということで いつもは書かないアンケートに
「ステップアップ基礎講座存続希望@名古屋」と書いてきたけど
どーなるのかなぁ(´・ω・`)

近年のBC流行りを受けてか
スライドショーは大盛況
FBのお友達や
ワタシのつぶやきを見て来てくれた人がいたりで
驚くやら嬉しいやら(●´∀`●)

が “反省会”は結局ほぼいつものメンバーw
女子三人組をけんけんセンセーが必死に勧誘したのにーwww

大阪からのゲストとけんけんセンセーの要望で
今回はまさかの味仙(矢場町)
1914857211_177.jpg

1914857211_244.jpg

なんかもう 何もかもが赤かった( ・_・)

今回は 翌日の土曜日に
岩登り体験会@御在所が予定されていたのだけど
台風に翻弄されて中止…(ノД`)
(だからこそ “反省会”ができたのだけど)
来年 仕切り直してもらえるかなぁ…

月バス/11人+1人

◆オールコートの5対5…10分×4本

2週サボりましたよっと
ロクなupもせず
動き始めはその目まぐるしさにアタフタヾ(▽ ̄;ヾ) )))...((( (/; ̄▽)/ アタフタ
けど 2つ目 3つ目と尻上がりに調子良くなるから不思議
ノールックシュートが決まったのはうけた~
3ポイントも思いの外決まってビックリした~

たまにはデキのイイ日もあるもんだな

イメトレ?な週末

来週のために出勤当番を交代してもらい
土曜は出勤だったのだけど
終業後にSIDECARへgo!

ウェアとブーツ&バインが入荷したとのことだったので
受け取りついでに
K2 Snowboardingプレゼンツ『HASSY BACKCOUNTRY PHOTO SESSION』
なるイベントに参加


一口にスノーボードと言ってもイロイロあるように
一口にバックカントリーと言っても
方向性の違いってあるんだなぁと思いつつ
雪山テンションがググーッと上がってキタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!
18123524_2011483776_122large.jpg

帰りにK2からお土産のTシャツをいただき
(但し 綿Tだし サイズが大きいので たぶん着ないw)
編集サイドの方がDIGGIN’ MAGAZINEを持ってきてくれていたので
ポチる手間が省けた(ノ∀`)
18123524_2011509056_134large.jpg

で 肝心のブツは…
かさばり過ぎて電車で持ち帰るのは大変だったので
送ってもらうことになったw


日曜は久々にBANFF Mountain Film Festivalへ
18123524_2011861892_150large.jpg

今までは滑りモノにしか興味がなかったので
正直いまいちピンとこなかったのだけど
クライミングをかじり始めたら
クライミングの映像にも釘づけ(*゚Д゚*)
むちゃくちゃオモシロかった

唯一 Ashimaちゃんが特別プログラムだったのが悔やまれた…(ノД`ll)


そんなこんなで
山には行けずとも
イメトレな週末はそれはそれで楽しかった♪

20131012 AG岩登り体験会&BBQ からのぉ 20131013-14@奈良

【岩登り編】

今年も参加してしまった岩登り体験会
でも 昨年の体験会がキッカケでクライミングを始め
この日のために(?)練習してきたのだから!
と 今回も前夜から六甲上陸w

当然ながら 睡魔の限界まで 飲んで食べたw

翌朝4名と合流して保塁岩へ

クライミング初めてメンバーと一緒に一通りの説明を聞いて
いざ リベンジへ!

まずは3月の体験会に参加されたという方々がチャレンジ
皆さん 成功
自分だけ登れないのでは(´._.`)…の不安をよそに一発クリア♪
今年はザックを背負っていないからかもしれないけど
それを差引いても昨年よりは上達したのだと自己満足w

スタートが遅かったのでこの一本でランチタイム
チヂミをお腹いっぱいいただき
次なる課題にチャレンジ

が… コレが一発クリアならず(ノД`ll)

核心部ですっごく粘ったんだけど
どーにも活路を見出せず 敢えなく退却…
他の人が登るのを何本か見てもう一度チャレンジ
が 今度は核心部に到達するまでに四苦八苦
(さっきは問題なく行けたのだけど さっきの粘りで腕が死んだ…)

「そういう時だからこそ 腕に頼らず登る!」
と叱咤激励されながら 核心部到着
皆と同じようにチャレンジしたら なんとかクリア
が 強力なテンションにかなり引っ張られていた感があり
若干インチキっぽいので
コレは来年までの課題だな
って 「体験会」はいつまで参加していいのだろうw

今回はけんけんセンセイの調子が悪かったからか
軌跡のヘッデンなしでの終了

その分早く帰って BBQスタート~(σ≧∀≦)σ
飲んで 食べて 喋って 睡魔と闘って(起こされてw)
5度目くらいの睡魔に負けて コッソリ寝たw



【奈良編】

翌日からは 学生時代の友人二人に会うため 一路奈良へ

思いの外奈良に早く着いたので
宿で自転車を借りて平城京跡までフラフラ~

どーしてこんなモノを造ったのだろう(´゚ェ゚`)
そんな疑問を抱かずにはいられなかったものの
チャリクリングそのものはめちゃくちゃ気持ち良く
そんなものはどーでもよかったw

その後は法華寺で減罪を祈り
奈良公園界隈まで行って引き返してきた

友人との待ち合わせまで一時間ほどあり
宿に戻ってゴソゴソしていたら
いつの間にか寝落ちしていた

この日に会ったのは学生時代の学部の友人
1、2年の頃につるんでいた友人の一人だけど
関西に残っているのは彼女だけ
すっげー久しぶりのはずなのに
見た目が変わっていないせいか
全然そんな気がしないから不思議

19時過ぎに待ち合わせて
2時間ちょっとしか話せなかったけど
お互いの相変わらず感を確認し合って( ̄∀ ̄;) 別れた


最終日
午前中は東大寺へ
大仏様にお会いするのはもう何度目だろう
回を重ねるごとに大仏様の大きさに驚かなくなるのは
自分が大きくなっているから?
アホなことを思いつつ ゆっくりじっくり回った

二月堂→三月堂→春日大社と巡って
友人がやっているごはん屋へ

彼女はクラブのマネージャー
学生の頃から料理上手でちょいちょいご馳走になったっけ
卒業してすぐは ほぼ一般的なOLだったり
一時期地元(福岡)に戻っていたりしたものの
「やっぱり奈良が好き」と舞い戻り
好きなことを仕事にしたあたり
彼女の芯の強さをまざまざと感じた

お店を始めて
なんだかんだでもう10年くらいになるんじゃないかな
常連のお客さんもいるみたいで
(モンベルの会長がちょくちょくいらっしゃるらしい)
生業としてやっていけているのがスゴイ

ホントによくがんばっていると思う

自分もがんばらなくちゃな~と思ったかどうかはさておき
楽しかった関西の旅を終え 現実に戻った


【思ひ出あるばむ】

岩登り編
20131012 岩登り体験会&BBQ


奈良編
20131013-14 @奈良

20131006-07 五竜岳~唐松岳プチ縦走

その昔 HプラスにAQUAを受け取りに行くとき
せっかく白馬まで行くのなら…と
遠見尾根をハイキングしたあの時
いつか五竜岳に…と思いつつ時は流れ
いつしか鹿島槍からの縦走に拘り始め
なかなか登る機会に恵まれなかった五竜岳
当初の予定から二転三転の挙げ句にチャンス到来!?
鹿島槍からの縦走ではなく唐松への縦走という形で
いざ五竜岳♪

テレキャビンはもちろん利用
リフトはガマンw

見返り坂から振り返るアルプス平はかなり白かった( ・_・)

地蔵の頭→小遠見→中遠見→大遠見
やけに暑くて 妙にしんどかった

が ココから先の未踏エリアが長かった

どんどんガスが出てきて
周囲は全く見渡せない(´・ω・`)

五竜山荘に着く頃には 目の前の山荘が霞んでいた

時間配分的には初日に五竜岳に上がっておきたかったけど
こんなガスの中 ピークを踏むだけなんて味気ない
ということで 登頂は翌朝に持ち越した

その分 3人でヽ(´ー`)ノ マターリ
来季の作戦を練ったような 練らなかったようなw


翌朝の5時ちょい過ぎ いざピークハントへ

途中 山陰でご来光を迎えるw
それにつけても 雲海がスバラシイ(σ≧∀≦)σ
前日 ガッスガスの中を無理して登らなくて本当に良かったと思った

カッコいい五竜らしく登り応えがあり
身軽なこともあって 心底楽しめた気がするw

山頂からの360度の大パノラマは圧巻

名残は尽きないものの
唐松まで行きたかったので
そこそこで切り上げ
テン場に戻ってテント撤収
唐松岳に向けて いざ出発

何度も振り返って五竜を眺めたり
どんどん全容が明らかになる剱に何度も目を奪われ
先月歩いた大日連峰の山並みにうっとり…(*˘︶˘*).。.:*♡
(と思ったが よくよく考えるとアレは大日連峰ではないなw)

そうこうしているうちに 道はこの日の核心部の岩稜帯へ!?

思いの外長く
しまうタイミングを逸したストックがジャマだったり
重たい荷物は気になるものの
あまり抵抗なく攀じ登れたり
なぜか疲れ知らずだったのは
クライミングのおかげなのか?と思ったり

岩稜帯を越えると すぐそこに唐松岳頂上山荘が!

荷物をデポって サクッとピークハント♪
北アデビューの唐松岳に「ただいま!」を言ってきた♪(´ε` )


当初の予定では
金曜~日曜の2泊3日で涸沢の紅葉を見に行くはずが
土曜~月曜になり
今度は行き先が表銀座縦走になり
結局 土曜の天気予報に翻弄されて
山行そのものが中止になりそうになったものの
なんとか1泊2日は死守
前日に行先が決まるというバタバタぶり( ̄∀ ̄;)

行くまではイマイチだったけど
結果がホントに良く
今季 何度計画しても表銀座を歩けなかったのは残念だけど
夏休みの槍同様
今回は五竜に縁があったのかもしれない

これで今季は心置きなくテン泊山行が〆られたヽ(∀)ノ


【思ひ出あるばむ】
20131006-07 五竜岳~唐松岳プチ縦走

NEW *TOP* OLD

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。