2013-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月バス/15人

◆オールコートの5対5…10分×4本

最近集まりイイなぁ
今日なんて20時を待たずに10人以上集まった
けど その後にパラパラと来るので
なかなかチーム分けができず
結局5対5を始められたのは20時過ぎ
なんだかもったいない(●´ω`●)

今日は 試合に向けた練習をしたいメンバー4人に混ざったのだけど
4もしくは5番が居ない雰囲気にもかかわらず
1~3番しかできない身としては
かなりやり辛かった…(´・ω・`)

ただでさえサボり勝ちな昨今
スピードはどんどん落ちるし
シュートは決まらないし
でも もうバスケは優先順位が下がってしまったので仕方ない

ただただ 体育館のカギを管理するだけ…
だけど また2週続けてサボる予定だけどw

火曜休みの人が始めた月曜バスケ
個人的には水曜くらいに変更したいと
ずーっと思っている
体育館の空きがないから打診もできないけど
スポンサーサイト

御嶽山(継子岳)~チャオから~

今年は五の池小屋にピザを食べに泊まりに行く!(σ≧∀≦)σ

そんな思い虚しく時は過ぎ
小屋の営業もあと2週間ちょっとに

どー見繕っても泊まりで行ける時がなく
ならば せめて今年もシフォンケーキだけでも…
どーせなら未踏ルートを…
ということで チャオから登ることに

ネット検索しても出てくるのは
ゴンドラが夏季も営業していた頃の記事がほとんど
やっと見つけて昨年の記事
それでも 登っている人はいるだろうとチャオへ向かう

ソロの時は目覚ましで起きないようにしているのだけど
今回は思いっきり寝過ごしてしまい
チャオ到着が7時

なのに 車は一台も止まっていない(´゚ェ゚)

やぱっり濁河の方から登ろうか…
いや でも 登山計画書が…
どーしよう どーしよう どーしよう

ただでさえ 出遅れているのだし
今から濁河へ行くともっと遅くなる
と思い 意を決してチャオからスタート

その昔 ウイングから大日ヶ岳に登った時
ウイングのゲレンデ歩きがホントにイヤだったけど
なぜか今回のチャオはそれ程ではなかった

1時間かからずにゲレンデトップに立ち
一息ついているところで
作業員の人たちが車で登ってきたのには拳を握りしめたがw

「登山道」てな案内板は一切なく
たぶんココから入るのだろうってところから樹林帯へ突入

200mほど進むと
傾きながらもけっこうキレイな案内板があったので一安心

が なぜかここで
BCの時のように直登しかけ 気付くとリボンが皆無(´゚ェ゚`)
そーいえば 地図ではしばらく東進ハイスクールだったことを思い出し
引き換えす

案内板が示す方向を再度確認して登山道復帰w

アップダウンを繰り返しながら
ココって… BCで苦労したところじゃ…などと思いながら
日和田ルートに合流

親切な案内板はなくなり
頼るはリボンやビニール紐
とはいえ 迷うほどではないものの
道幅の狭いところがあったり
けっこう大きな石が浮石だったりして
思いの外ワイルドで緊張感のあるルートだった

継子岳に辿り着くまで人っ子一人会わなかったけど
継子岳は6,7人の人で賑わって(?)いた

想定外のところから登ってきたワタシを見て
他の人はちょっとびっくり顔
ゴンドラも動かない今
このルートは相当人気がないらしいw
メインの剣ヶ峰から一番遠いしね

時 既に11時

ちゃちゃっと写真を撮って
小走りで五の池小屋へε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘

なにはともあれ
シフォンケーキとドリップコーヒーをいただく♪(´∀`人)

年々人気が高まっていると思しき五の池小屋
宿泊客ははけているのだけど 休憩客で賑わっている
ココも 次に泊まるのなら平日利用だなぁと思った次第
休憩客をかいくぐり
男女それぞれソロの方がチェックインされるのを見て
ホントに羨ましかった(ノ∀;`)
何度も突発年休の誘惑に負けそうになりながらも
ググググっと堪えて下山することに

せめて四ノ池をグルリと周りたかったけど 時間がない
止む無く来た道を戻り
もう誰もいなくなった継子岳からドロップ

ピストンは気が進まぬ…
来た道を戻るなんて…と思っていたら
下り始めてすぐ ハイマツに道が隠されていて しばし迷うw

気を引き締め直して 慎重にサクサク下る
目の前で飛び立った雷鳥さんに度肝を抜かれたりしつつ
ゲレンデトップまで下って一安心

登りは作業路(?)を登ったけど
下りはセンターコースを突っ切ることに
案外歩きにくく 余分な時間がかかったかもw

なにはともあれ 15:15下山完了

シフォンケーキを食べたくせに
タビタのパンと開田高原ソフトクリームの誘惑がムクムク…
暑かったので ソフトクリーム食べて帰ってきた
いつもはバニラととうもろこしのミックスだけど
今回は初めて月限定のりんごのソフトクリームを( ´艸`)
来月は蕎麦だったかな
で 11月は栗だって!!!
食べに行きてーwww



【思ひ出あるばむ】
20130929 御嶽山(継子岳)~チャオから~

20130920-23 立山稜線の旅

4年前 ぶらりと立ち寄った立山山麓 称名滝
そこで知った「大日岳登山口」と「歩くアルペンルート」

いつか歩いてみたい…と思い続け
やっと実行のチャンスに恵まれた!(σ≧∀≦)σ

 1日目…称名滝P→大日平小屋→大日小屋→大日岳→大日小屋泊
 2日目…→中大日岳→奥大日岳→雷鳥沢キャンプ場 幕営
 3日目…→一の越山荘→雄山→大汝山→富士ノ折立→真砂岳→別山→剱御前小舎→雷鳥沢キャンプ場 幕営
 4日目…→室堂→(バスw)→弘法→八郎坂→称名滝P

一週前にこんなことがあり
ビビりながらもおかげでスゴク慎重に歩けた

大日平まではサクサクだったけど
お日さまも高くなり 大日小屋まではちとバテたw
双六もそうだったけど 見えてからが長いね~

大日小屋にチェックイン後 身軽になって大日岳にアタック
タイミングよく ピークを独り占め♪
が ウッディを小屋に置いてきてしまった(ノД`ll)
一人淋しくw 心行くまで剱を眺めた

小屋に戻り 食事の支度(もちろん お湯を沸かすだけw)
剱を眺めながらの夕食
キレイな夕焼け
スタッフさんたちのギターライブ(コレが楽しみだった♪)
新しい出会い♪
食事はさておき 優雅で贅沢な時を過ごして初日終了(^∀^)



2日目の行動時間は4時間程度ながら
雷鳥沢キャンプ場のテン場争奪戦に向け
6時半前には小屋を出発

中大日岳→七福園→奥大日岳と静かな山歩き
天気も良くて実に気持ち良い♪(´ε` )

奥大日岳を過ぎると ちらほらすれ違うようになる

雷鳥沢キャンプ場が見えたのはいいけど
既に結構な数のテントが張られていてちと焦る(´゚ェ゚)
自ずと足早になるも
新室堂乗越を過ぎるとどんどん人が登ってきて思うように下れない
大日連山と異なり若い人が増えてきて ほとんどの人が剱を目指しているようだった

いざ雷鳥沢に着いてみると まだまだ余裕(;^ω^)

立山を仰ぎ見られるようにテントを設営し
真っ白に雪化粧した姿を妄想したり
翌日のルートを少し下見したり
雷鳥沢ヒュッテで温泉に入ったり
真っ青な空の下 の~んびり過ごして
日没と同時くらいに寝ちゃったw



3日目はいよいよ立山縦走+α♪
渋滞に巻き込まれないようにと極力早く出発
(といっても ヘッデン点けて歩くのは嫌なので明るくなってから)
ダイレクトに一の越山荘を目指す

惜しくも若干の渋滞に巻き込まれるも
隙を見ながらグイグイ前に出て雄山登頂ヽ(∀)ノ
このエリア三度目にして初めて立山の頂に立てて嬉しかった

なんとなく峰本社まで上がったら ご祈祷してもらえた

大汝山と富士ノ折立もピークに立つためには渋滞していたけど
二度と来ることはないかもしれないから…と並んで登った

真砂岳のピークには何の目印もなかった(´゚ェ゚`)

別山に着くと 剱がドーン!
更に眺めが良いとされる北峰からの眺めは圧巻
来年は剱かなーと思ったりw
ただ 小耳に挟んだ話によると
2時に登り始めれば大丈夫だけど
3時に登り始めていては渋滞に巻き込まれるそうで…
アタックするのなら絶対平日にしようと思った

名残は尽きぬも 正午を回り小腹が空いてきたので 剱御前小舎へ
ほとばしる麺類欲に従ってすすったラーメンが美味しかった( ´艸`)

あとは雷鳥沢を一気に下って 3日目の行動終了
夕方から風が強くなり
テントに引き籠っている間に夜になっちゃったw



最終日は「歩くアルペンルート」を下るつもりだったけど
諸般の事情により
室堂から弘法までは高原バスを利用して
弘法から称名滝まで歩くことに

称名滝を垣間見ながらの八郎坂
急登(つまり急下り)なのは承知していたが
思いの外荒れているというか苔ツルでめちゃくちゃ気を遣った(; ̄Д ̄)

ともあれ 無事に下山して
クムジュンのカレーでこの旅を占めて
立山ICからノンストップで実家に着いた


おしまい


【思ひ出あるばむ】
20130920-23 大日三山~立山など

甲武信ヶ岳(2,475m)

待ちに待った三連休♪

が…

台風18号発生…_| ̄|○

9月の週末悪天候はいったい何の祟りなのだろう

この際 帰りでもいい
土曜ならなんとか大丈夫そう
せっかくの三連休なのでちょっと足も延ばしたい

こんな時のために兼ねてから計画していた甲武信ヶ岳に登ることに


テン泊ザックから日帰りザックにパッキングをし直し
金曜の21時に出発

八ヶ岳PAまで…が無理なら せめて諏訪SAまで…
の思い虚しく 駒ヶ岳SAで力尽きるw

2時頃にムクリと目覚め再出発

毛木平の駐車場に着いたのは4時だった
既にかなりの数の車
ココからのピストンが最短コースだけあって人気が高いようだ

が ピストン嫌いのワタシは
毛木平→千曲川源流遊歩道→甲武信ヶ岳→三宝山→大山→十文字峠→五里観音→毛木平
の周回コースに挑む

6:20 出発
「千曲川源流遊歩道」というだけあって
源流碑まではハイキング気分♪
川音を聞きながらゆるりゆるりと登り
多種多様なキノコに目を奪われ
木々と苔の緑に癒されながら歩くのは
実に気持ちイイ♪(´ε` )

遊歩道後 一時間足らずで登頂(9:40)

日本百名山のうち43座が眺められるはずの展望はガスガスw

一通り写真を撮っていると
オカザえもん手ぬぐいを見つけた女性が
「オカザえもんじゃないですか!」と♪
なんだか嬉しかった(≧∀≦)

どんどん登ってくるし
本日の山行はココからが山場!?
ということで 10:10 下山開始

最初にゴツンと下るも
その後はしばらくなだらかに下り
(木曽駒ヶ岳の下山ルートを思い出した)
そーかと思えば登り始める

三宝岩にちょっと立ち寄って
三宝山に着いて初めて「岩」と「山」が別だと知るw

先を急ごう

なだらかに下ったかと思えばまた登り
歩いても歩いても標高2000どころか2200mを切らない

ぶっちゃけだんだん飽きてきたw

梯子がかかっていたり
鎖が垂れていたり
想像以上にアップダウンさせられる

下山開始から3時間20分
ちょうど登った時間と同じタイムで十文字小屋に到着

南アルプス(よりはマシだけど)を髣髴とさせるトイレは建物自体が傾いていて
(ワイヤーで引っ張られていたw)
目下 水洗トイレを新築中だそうな

毛木平から源流遊歩道を歩いて山頂から来たと言うと
「がんばったね~」とおっちゃん
「今度は泊まりにおいでー 焼酎一緒に飲もう」

焼酎は苦手だが 「ヤッター♪」と喜んでおいたw

十文字小屋を後にして
一気に毛木平を目指して下山再開

これまた木曽駒の下山同様 飽きるほどのつづら折れ
苔苔しいのはやっぱり北八っぽい

もし コッチが先ならそんな風に思わなかったのだろうが
なんだかデジャヴのようだった( ・_・)

偽水場と水場と観音様ポイントをクリアし
15:15 無事下山♪

山頂でお会いした大阪からのご夫婦(オカザえもんに気付いてくたご夫婦)と再会
奥様が百名山ハンターらしく
旦那様はそれに付き合い 運転手のようなものだと

羨ましい~(´・∀・`*)ィィな~♪

日本百名山 7割り方は登られたそうだ

翌日は天気が持てば雲取を予定されていたけど どーされたのかな

「またいつか どこかで!」
言葉を交わし 彼らより一足先に駐車場をあとにした


【思ひ出あるばむ】
20130914 甲武信ヶ岳

月バス/18人

◆オールコートの5対5…10分×3本

今夜は休む予定だったけど
昨日の天候不良で本日の年休申請を取り下げたので
運動不足解消のために体育館へ

早々に15人集まり 3チームに分けて5対5スタート
朝晩めっきり涼しくなったけど
動くとまだまだ滝汗(´Д`ι)
が コレが冷えるのは速い

咳は少々出るものの
週末の喉痛がかなり治まったのでバスケに行ったけど
今夜は人も多くて待ち時間が長かった
汗が冷えたのか また不調に…(ノД`ll)
帰宅すると くしゃみ・鼻水・鼻づまり…

カラダ 弱くなったなぁ…
東京五輪まで生きていられるかしらw


ところで
今夜 また新メンバー加入?
若いな~と思ったら 高校生だった( ̄∀ ̄;)
特に紹介はないけど 誰繋がりなのだろう???
と思いながら終了

緊急連絡の都合もあるので ココに来た経緯を聞いたら

「あ… 親に言われて…」

(え?親?)
「ってことは ココにいるオジサンたちは誰も知らないの?」

「あ… はい…」

そーいえば 体育館の外から覗いていて
コレはどういう集まりなのかを訊かれたことがあったような なかったような…

行って来いと言った親が来ているわけでもなく
本人だけひょっこり来て
初めてにも関わらずすんなり溶け込めてしまう月曜バスケの気楽さ
良いのか 悪いのか

その昔 中学生が来ていたけど
あの子は親が連れてきていたんだよね
で 受験に入って自ずと姿を見なくなったけど

高校生だから この先どこまで続くかわからないけど
一応 名前と連絡先をもらい
万一のために親の連絡先も聞いたけど
大丈夫なんだろうか(´゚ェ゚`)

スッキリ!

この夏 ず~っと気になっていた
エクストラコールドBARへ行ってきたーヽ(∀)ノ

IMG_20130905_175956432.jpg

IMG_20130905_181349588.jpg

IMG_20130905_181426709.jpg

IMG_20130905_183632435.jpg

クリーミーな泡に感動♪(´∀`人)
飲みやすくて美味しかった~

あー スッキリした(≧∀≦)

_ノフ○ グッタリ

大雨のピークはいつだったのだろう
終業が近付くにつれて
名鉄から遅延メールが次々に届いた

本線 止まらないで…タノ――――(人゚д゚)――――ム!!

願い虚しく 終業直前にほぼ全線で運転見合わせ(´゚ェ゚)チーン

でも すぐ動くだろうと脛チャプの中駅へ向かう
IMG_20130904_175535465.jpg

IMG_20130904_175554852.jpg


タカシマヤへ行くと楽天うまいもの大会がやっていた
IMG_20130904_18160919.jpg

2周くらいして 次はハンズメッセをフラフラ~

かれこれトータル2時間くらいウロウロして
駅の様子を見に行くと 改札から人が溢れていた(´・_・`)
IMG_20130904_193240803.jpg


スマホの充電がヤバくなったので 一旦事務所に戻り 小一時間待機

20時半過ぎ 本線運転再開を確認し
ぼちぼち駅に向かうも相変わらずの光景…(●´ω`●)
「電車は動いておりますが 相当な時間がかかることをご了承ください」
駅員が叫ぶ

コレはアカンとJR利用での帰宅を試みるも
結局家に着いたのは23時半┐(´д`)┌

帰ってこられただけマシか~
お腹空いたよー(ノД`)

月バス/14人

◆オールコートの5対5…10分×4本

気温は高くないけど 湿度が…(´xωx`)
汗 半端なかった

(´-д-)-3ハァ…
今宵も下手だったなぁ…
速攻ノーマークを落とすのが一番惨め…

な・の・に

来週から3週休む予定w

けど また週末の天気が が が!(≧Д≦)

コンレイ 日本縦断断念な週末

土曜日のこと

先々週から天候に阻まれ続けている山行
まともに動いていない週末をどーにかしたくて
ビレイの認定試験後にもらった割引券の期限が8月末だったこともあり
クライミングジムへブーン(((っ・ω・)っ
IMG_20130831_135040197.jpg

IMG_20130831_140503673.jpg

人生初のボルダリングにチャレンジ

木曜の壁に比べると遥かに低いし
空いていたので
イイ気になって何本も登っていると
速攻握力ダウン_ノ乙(、ン、)_
集中力も途切れてくるのか
最後の最後で課題を間違えてガッカリ…(ノД`ll)
(てか コレだからボルダリングに対して苦手意識がある)

他人がやっているのを見るとw
IMG_20130831_154647405.jpg
あー 足上げなくちゃなーと思うものの
ままならぬ身の重たさが恨めしい…

グダグダになりつつも
最後は一本ピシッと登って
2時間半で退散


夜は この日のメインイベントであるsnow仲間の集いへテヶテヶε=ε=ε=ヘ( -∀-)ノ

コンレイが来る!
ってことで 場所はビアガーデンから居酒屋へ変更

IMG_20130831_184140211.jpg

IMG_20130831_200414693.jpg

IMG_20130831_201816347.jpg

IMG_20130831_213711242.jpg

握力なくなり過ぎて ジョッキが持ち上げられるか心配だったけど
なんとか大丈夫だった( ̄∀ ̄;)

18時半から約5時間
飲み過ぎて 食べ過ぎて 笑い過ぎて
帰りはのどガラガラw

夏山にまともに登れていない気がして
もっともっと山歩きしたいなぁと思いつつも
みんなの顔を見たら めちゃくちゃ滑りたくなった!(σ≧∀≦)σ
でも The人工ではイヤだけどw


明けて日曜
両腕 絶賛筋肉痛~
起きられたら近場の低山にでも…と思っていたけど
やっぱり起きられなかった(´._.`)
イマイチよく分からないお天気も心配だったし…

あー 天気に振り回されるのはもう勘弁…┐(´д`)┌

NEW *TOP* OLD

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。