2011-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111029 小秀山(1982m)

06:45 乙女渓谷キャンプ場スタート
07:45 夫婦滝(5分休憩)
09:35 ニノ谷・三ノ谷分岐
10:00 第一高原
10:20 第二高原
10:40 第三高原(あと500m!)
10:55 小秀山登頂~
11:50 避難小屋(秀峰舎)出発
12:55 ニノ谷・三ノ谷分岐(5分休憩)
14:25 三ノ谷登山口着(キャンプ場までに、に、2km(ll゚Д゚ノ)ノ)
15:00 乙女渓谷キャンプ場到着


「山頂から北側に、御嶽山の大きな山容を望むことができる」

「御嶽山の展望に優れている」

「最大の見どころは360度の頂上からの展望だろう。とくに御嶽山は雄大そのもので霊峰の名に価する」

調べれば調べるほど小秀山の頂から大好きな御嶽山を見たくなった
好天も巡ってきたし
ぼちぼち紅葉もいいんじゃね?と
ウキウキ出発

毎度おなじみナビとの格闘の末
6時に乙女渓谷キャンプ場到着
今までどこの山に行っても必ず先客がいたのに
この日は誰も居なくてちとビビる

心細さいっぱいで準備をしていると
1台、2台、3台…と車が来てホッとした

で、ちょっとモタモタいしていたら
あとから来た人の方がどんどん先に出発していき、ちと焦る
焦って、ストックを忘れそうになる

仕切り直して、いざ、出発
NEC_1164.jpg

NEC_1165.jpg

NEC_1166.jpg
この橋を渡った先にオールド山ガールの集団がいて
出だし、思いっきり紛れる( ̄∀ ̄;)
すぐに抜けださせてもらい、事なきを得る

NEC_1167.jpg

NEC_1169.jpg

NEC_1170.jpg
軽装でこの辺りをプラプラするのも気持ち良さそうな渓谷
そして紅葉がこの辺りまで来ているということは
上はもう終わっているんだなぁ…と知る

NEC_1171.jpg
NEC_1172.jpg
確かにねじれている

NEC_1173.jpg

NEC_1174.jpg

NEC_1175.jpg
滝が合流しているから和合?

NEC_1176.jpg

NEC_1177.jpg


NEC_1178.jpg
めっちゃ上向いてるから
めっちゃ急勾配なんかと思ったら
NEC_1179.jpg
まぁまぁだった( ̄▼ ̄;)

NEC_1180.jpg
指し示す方を振り返ってみると
NEC_1181.jpg
なるほどぉ

ついに到着、夫婦滝
NEC_1182.jpg
冬用インナーを着てきたら暑かったので
ココでTシャツ1枚脱ぎがてら休憩
そして、ハイキングはここで終了
NEC_1183.jpg

「カモシカ渡り」なる難所があるらしいので
気を引き引き締め直して進む

NEC_1184.jpg


NEC_1188.jpg
NEC_1189.jpg
夫婦の次は子かぁ

NEC_1190.jpg
NEC_1191.jpg
今度は孫かい
しかし、「熊」注意報が気になる…(-公- ll)


NEC_1193.jpg
NEC_1194.jpg
デカ過ぎて写真に納まらないw


NEC_1195.jpg

NEC_1196.jpg
いったい何が展望できたのかよく分からなかったw

NEC_1197.jpg

夫婦滝以降は「山歩きしてます!」って感じでオモシロい

NEC_1198.jpg
出た

NEC_1199.jpg
NEC_1201.jpg

NEC_1202.jpg
登ったところを見下ろしてみた

オーバーハング気味のところで少し戸惑うも
ちょっとしたスリルと
子どもの頃に遊んだジャングルジムを思い出して
案外楽しかった(σ≧∀≦)σ

NEC_1203.jpg
カモシカ渡りより
むしろココを歩く方がコワかった(≧w≦;)


NEC_1204.jpg
NEC_1205.jpg
まずはあそこまで…
山頂はさらに奥…

と、ココまでは順調だった
「兜岩眺望」の看板がしっかり指し示す方向へ歩き
「↑小秀山」に従い岩を登った
すると…
道が消えた((( ;゚Д゚)))

目の前を塞ぐ巨岩の両脇へ強引に進むことを試みるも、絶対ムリ

どうしよう…

一旦カモシカ渡りの上まで戻った

でも、どう考えても道は間違っていないので
もう一度同じところまで戻って
しばらく途方に暮れた…

下るにしたって、このルートは下り禁止だし…

どうしよう…(;´Д`)

相方ピクルスを触りながらジッとその場を眺めていたら
目の前を塞いでいると思われた巨岩の元に足場チックな岩が!

(゚д゚)ハッ!!この岩を登るのか!

どれくらい時間をロスしたか分からないけど
やっと道を再発見できてめちゃくちゃホッとした

NEC_1206.jpg
三ノ谷ルートとの分岐に着き
帰りはココで三ノ谷へ下ればイイことを確認

NEC_1207.jpg
ココから先は緩やかに登る

NEC_1208.jpg
頂上に辿り着くまでは写すまいと思っていたのに
思わず撮ってしまった御嶽山


NEC_1209.jpg
断崖横断コースは封鎖されたいたので
否応なしに岩場コースへ


NEC_1210.jpg
NEC_1211.jpg
NEC_1212.jpg
コレが先ほど見上げた「兜岩」


NEC_1213.jpg
天気はよかったけど
NEC_1214.jpg
名古屋は見えなかった

ココで急に携帯カメラの充電が突如落ちかけたので
以後、山頂まで写真ナシw

第一~第三までの「高原」を緩やかなアップダウンを繰り返して通過
第三から頂上までは少し勾配があったものの
ほどなく避難小屋が目に入り
微かに人の声がする方向へ進んでいくと頂上にたどり着いた!

NEC_1215.jpg

NEC_1216.jpg

NEC_1217.jpg

今までに眺めたことのない角度の御嶽山にちょい感動
NEC_1218.jpg
新たな御嶽山の一面を発見したことの嬉しさと同時に
9月にはあの頂を巡っていたのかと思うと感慨も一入

NEC_1219.jpg
そして、やっぱり気になる「笠」(写真中央)
来季は登りたいな~

などなどイロイロな思いを巡らせながら
誰もいないので下るのがもったいなくて
やっぱりコーヒーブレイク
NEC_1220.jpg

30分くらいは寛いだような

ぼちぼち下ろうかなぁと思っていたところへ
男性3人組がやってきて食事の準備を始めたので
山頂を明け渡すべく荷物をまとめ始めたところへ
オールド山ガール(朝、出発が被ってしまった人達かどうかはナゾ)の集団が
押し寄せてきた(;゚∀゚)

必死で荷物をまとめ、逃げるように山頂を後に…
時計を見る余裕さえなかったw

秀峰舎と名付けられている避難小屋は昨年の夏オープン
NEC_1221.jpg
バイオトイレまであったので記念に利用してみた
新しいこともあるけど
芳香剤の香りが漂い
山小屋とは思えないほどキレイなトイレだった

最近、登りでは使わなくなったストック
下りは必須
ストック頼りに怒涛のように下った(つもりが、ほぼ標準タイムw)

分岐で三ノ谷ルートへ

コチラは極めて緩やか=ジグザグジグザグ…
飽きた…
眠くなった…

やっと登山口に着いた!
と思ったら、キャンプ場まで2kmもあり
心が折れた_| ̄|○ ガク

越百山や八ヶ岳のラストを思い出した

NEC_1223.jpg

NEC_1225.jpg
充電を振り絞って渾身の一枚!?

登頂までは「リピートしたい!」と思っていたけど
三ノ谷ルートを下らなければならないのかと思うと
もう単独はイヤかも(´∀`;)


※痛恨のデジカメ忘れにより、携帯電話カメラの画像のみ…
スポンサーサイト

名字由来net

名字由来net


己の名字を調べてみた


【全国順位】 5,341位
【全国人数】 およそ2,000人

【解説】
 織田家などを輩出した現愛知県である尾張国愛知郡の有名氏族、中臣鎌足 が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)道兼流宇都宮氏族という 説 もある。 


へぇ~
じいちゃんは三河の山奥の出身だけど
元々は尾張なのか?

家紋が「丸に下がり藤」なので
後者が有力?


電話予約する時とか
何度も訊き返されるのがかなりイヤなの(*・ε・*)ムー
この名字を早く旧姓にしたい!!!と思って早何年?
マジでヤバいなぁ

♪木枯しに抱かれて/小泉今日子

出逢いは風の中
恋に落ちたあの日から
気づかぬうちに心は
あなたを求めてた
泣かないで恋心よ
願いが叶うなら
涙の河を越えて
すべてを忘れたい
せつない片想い あなたは気づかない

あなたの背中見つめ
愛の言葉ささやけば
届かぬ想いが胸を
駆け抜けてくだけ
哀しい程の星空に
天使の声がする
あきらめきれぬ恋でも
夢は見ていたいのよ…
せつない片想い あなたは気づかない

恋人たちはいつか
心傷つくたび
愛する意味を知る
涙…やさしく
その手に確かな夢をつかんで
白い季節の風に吹かれ
寒い冬がやって来る
激しく燃える恋の炎は
誰にも消せないの
せつない片想い あなたは気づかない
せつない片想い あなたは気づかない



明日は寒くなるらしい
そろそろ木枯らし一号が吹く季節が近付いているなぁ
と思ったら思い出した「木枯らしに抱かれて」
なんとも切ない歌よのぉ

「カラオケ大会」が実現したら歌おうっと♪

月バス/14人

◆オールコートの5対5…10分×5本

チャリ漕ぎ80kmのおかげか
今日はなんだか疲れ知らずだった
ま、走っていないとも言う

相変わらずディフェンスが楽しい
速攻を潰せたときの快感が病み付き
性格悪ぅ

今日のメンバーを見る限り
速攻要員にはなれないので
ディフェンスは下に下がったわけだが
スクリーンアウトをしないとね…
そもそもとり難いモノが尚更とれない

個人技のあるメンバーが味方に居ると
オフェンスはどう動いていいか分からないw
とにかくジャマにならないように、ジャマにならないように…

にしても、あの大学生は実に器用だ
ボディーバランスがめちゃくちゃイイ
個人技もあれば、仲間の使い方も上手い
こういうプレーヤーが真に上手いプレーヤーなのだろう
まぁ、ポジションにもよるけど

なんとなく三河湖へ

行き(下山経由)…約37km
帰り(作手経由)…約44km

何気にスズカエンデューロが再来週に迫っていた

自転車に乗らなくては

半ば強迫観念に駆られて出発


調子こいて走っていたら早速オーバラン
でも、「ん?」と思った時点で
すぐに背負っていたATLAS広げて調べたので
傷口は最小限に抑えられた、はず

2_20111024133356.jpg
予定していたコースに合流

その後は、岐路に来るたびにATLAS登場

必要部分だけコピーしておくべきだった…
と思うも、コースを決めたのが
前夜、寝る前なので仕方がない

ビックリするような急勾配の登り坂はないものの
ゆる~くず~っと登るのもなかなか疲れる
峠が見えないと、ホントしんどい

てか、走り始めて10?くらいで速攻膝が痛くなり
そこからず~っと痛いので何度も引き返そうと思った
が、引き返す=来た道を戻る
コレだけは避けたい一心で漕ぎ続け
約3時間で三河湖到着

4_20111024133356.jpg

5_20111024133357.jpg

6_20111024133357.jpg

7_20111024133425.jpg
8.jpg


山登りをしていると
山で出会う見ず知らずの人と挨拶を交わす
不思議なもので自転車も
自転車乗り同士は挨拶を交わすんだよね
滅多に乗らないから、そんなこと忘れていたけど

しかし、やはり圧倒的にロードが多いなぁ
フラットバーを見掛けてもクロスバイクだし
MTBでオンロードを走っている人ってホント見掛けない
とはいえ、ワタシのMTBはなんちゃってなので
タイヤを換えないとオフロードは走れないけどw


9.jpg
どちら様で?

10.jpg
まるであなたが漕いできたかのような満面の笑み…

11.jpg
三角点とどちらの座り心地がよいですか?


観光センター界隈で30分ほどウロウロして帰路に着く
もちろん、来た道は戻らない

帰りもATLAS大活躍

帰路もまた緩く長い登り坂で心が折れそうになる
が、その後に待っていた下りに病み付き


膝の痛みは、ペダルに乗せる足の位置で違いがあることを発見
ついついつま先をペダルに乗せて漕ぐ癖があるが
これが膝の痛みを誘発するらしい
土踏まずでペダルを踏むようにすると
痛みが幾分か和らいだ
次回からはこの漕ぎ方をを意識しよう

ただ、行きで既にガタガタになったカラダ、というか足
帰りの膝というか足の痛みが辛い
太腿の前も後ろも筋肉痛の予感


いや~、自転車ってカラダへのダメージデカイわ


てなことを痛感しつつ、やっと地図を見なくても分かる所まで戻ったので
コンビニ寄ってアイス休憩

ココでもまた自転車乗りさんに会い、挨拶を交わした

しばしマッタリというよりグッタリして
ラストスパートできない

帰りもほぼ3時間で帰着

あー疲れた


それにしても
ついつい風景に気をとられ
全然本番向けの練習になっていないような…

1_20111024133356.jpg
第二東名工事現場@駒立

12.jpg
茅葺屋敷@千万町(ぜんまんぢょう)

13.jpg
14.jpg
第二東名工事現場@生平(だったかな?)

15.jpg
第二東名を見上げる

16.jpg

本日のお稽古φ(.. )

◆替え茶碗で薄茶

1_20111024123549.jpg

2_20111024123549.jpg


大雨だと思ってふて寝していたら昼

案外降ってない、てか全然降ってないじゃん
(自転車乗れたんじゃね?)とか思いながらうだうだしてたら夕方

実家に着くと先客3人
この人たちが帰ったら…と思っていたら1人増えた

これ以上増えてはマズイとやむ無く客に座り一服いただく

自分のお点前が始まるまでに2人増えた

客3人にお茶を点てるのはそれなりに時間かかるぅ…と思っていたら
「替え茶碗で」と救いの声が

が、替え茶碗があることで手元がゴチャゴチャしてしばし戸惑う

そして、今日は釜の前に座るとやけに暑い
出だしはなかなか集中できなかったけど
徐々に平常を取り戻す

しかし、いくら替え茶碗を使っても
正座の時間は少々長くなるわけで
お点前が終わり立ち上がった時、膝が異常なまでに軋んだ

う~ん


3_20111024123550.jpg

替え茶碗に使った赤膚焼の茶碗
ワタシが学生の頃、母が奈良に来たときに買ったものだ
この茶碗を見ていたら
久々に奈良へ行きたくなった
今年の紅葉も京都へ…と思っていたけど
奈良へ行こうかな

木バス/15人?

◆オールコートの5対5…7~8分×5本

最近、ディフェンスがオモシロい
子どもの頃は大嫌いだったんだけど

ボールマンにプレッシャーかけて
慌ててファンブルしてくれたりパスミスしてくれると( ̄ー ̄)ニヤリッと思う
ダブルチームにいき、狙い通りターンでスチールできると
ε= \_○ノヒャッホー!!!とか思う

意地悪うってぃー。炸裂w

速攻だって諦めないのだ

アウトナンバーなら点取られて当然だと思えば気楽
ボールマンのパスコースを読んで先に動く
読みが当たればラッキーだし
外れても、ディフェンスが先に動くことで少なからず慌てる
はじめからそれ狙いですぐに反対に切り返すと
更に慌ててパスが悪くなるのよね~

と…ディフェンスがオモシロいのは
オフェンスがイマイチだからだったりするとかなんとか(・ω・;)

しかし、今さらシュート練習とかする気になれないw

よく考えるなぁ

シャルマンHPより


日本全国エリア割引!        2011年10月12日

昨年まで近隣県民DAYとして割引サービスをしておりましたが、
今期は日本全国(世界中)を割引対象にしたサービスを開始します!

日本を大きく4つのエリアに分けます。

<関東エリア>
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県

<東海・中京エリア>
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

<関西エリア>
滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

<近隣+遠距離エリア>
(近隣・信越北陸) 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県
(東北以北) 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
(中国地方) 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
(四国地方) 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
(九州地方) 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
(外国)日本以外の国すべて


1ヶ月の4週間をそれぞれ4エリアに抽選で割り振ります。

該当のエリアの住んでいる方は、一週間丸ごと大人リフト1日券が半額(3,800円⇒1,900円)になります。


。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+。o○o。+

ってことで

 1月のエリア割引抽選…12/10

 2月のエリア割引抽選…12/31

 3月のエリア割引抽選…1/28

 4月のエリア割引抽選…2/25

に行われるらしい

行けるかどうか分からないけど
シャルマンから目が離せない(笑)

ともあれ、よく考えるよな
こうしたゲレンデ側の努力、買いたくなる

やっぱりぃ

club ciao


ciao HPより


クラブチャオ会員の来場特典の変更について


今シーズンのクラブチャオ会員の来場特典が変わりました。

入会方法は1日リフト券(有料)をお買い求めいただいた日の
午後より受付となります。※招待券などは対象外となります。

入会後の翌日よりご来場時に会員券提示しリフト1日券が3000円となります。

入会時に1回目来場となります。

3回目来場  売店10% カリーノ20%割引券

5回目来場  1000円分の食事券

以上となります。

必ず会員券を提示が必要となります。ご本人様のみ

◆今シーズンより各シーズン券購入者には
 上記クラブチャオの来場特典が受けれなくなりました。





もう、何回通っても招待券はもらえないんだぁ

コレでも春になれば人が集まるって公算かしら
まぁ、ハイシーズンよりは集まるだろうけど

何気に苦しいのかなぁ
今までやり過ぎちゃったかなぁ

ズン券の値上げとクラブチャオの来場特典下方変更に
チャオの翳りを垣間見た気がする

そう来たか…( ̄ω ̄)フーン

チャオのズン券、まさかの値上げやん
道理でなかなか公表されんかったわけだ

確か、昨シーズンまでは早割25000円だったよねぇ
それが、5000円分食事券付けるからって35000円だなんて…
自炊派にはな~んにも嬉しくない
早割期間過ぎたらそれもナシの35000円ってこと?
ってことはやっぱり5000円の値上げ

周辺のゲレンデが四苦八苦している状況での値上げ
強気だよなぁ
北斜面の雪質&ロングシーズンは武器だよなぁ

スーパーバリュー特典は捨て難いからズン券は欲しいけど
ハイシーズンは近付かない
春はもっと山に入りたい
となると、チャオはナシかなぁ

初心に帰って、あそこに戻ろうかなぁ

NEW *TOP* OLD

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。