2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101030 願いを一つ携えて、鳥羽へ

「女性の願い事なら必ずひとつは叶えてくれる」石神さん
存在を知ったのはいつだったか
以来、オフになったら行こう!と思っていたら
イン直前になってやっと行ける機会が巡ってきた!
が、台風…(;´ェ`)

でも!
前日、図らずも鳥羽入りしていたので
ココまで来たら
どんだけ雨が降ろうと、どんだけ風が吹こうと
なにがなんでもお参りに行くのだ!(`・ω・´)シャキーン

そこそこの雨と、そこそこの風の中
石神さんのある海沿いの町鳥羽市相差を目指す

国道をそれ、県道に入ると
土砂崩れで道路の半分を塞いで工事をしていて
一瞬通れないのかと思って焦った

たとえばどこかのサーフポイントへ行くような…
そう、渥美半島を彷彿とさせる道を通り抜け、海沿いに出た途端
遮るものがなくなったせいか、一気に暴風雨になった((( ;゚Д゚)))

駐車場に着くと、既に5,6台の車が止まっていたかな
こんな天気なのに…って、自分もだけど(・∀-`;)
お賽銭はポケットに入れて
ぶっ飛ばされそうになりながらも両手でしっかり傘を持ち歩き始める

ほどなく、神社らしき空間が見えた

DSC02744_convert_20101101000437.jpg

間違いない
神明神社だ
鳥居をくぐり、奥へ進むと
社務所の手前に石神さんが!

こ、こ、コレだ
やっと、やっと辿り着けた…
うれしくて、本殿もお参りせず
真っ先に石神さんにお参りしてしまう

その後、神社仏閣巡り好きとしては

DSC02745_convert_20101101000531.jpg
本殿を参ったり

DSC02746_convert_20101101000627.jpg
ご神木っぽい巨木を眺めたり

最後にお守りを求めて社務所へ行くと
DSC02748_convert_20101101000714.jpg
この紙に願い事を一つだけ書いて
石神さんの賽銭箱の隣の箱に入れろと…

あら…、先にお参りしちゃったんだけど…
でも、断るに断れず
小っ恥ずかしくて絵馬すら書いたことがないけど
まぁ、誰が見るわけでもなし…と実名入りで願い事を書き
再度石神さんの所へ(´∀`;)

DSC02750_convert_20101101000759.jpg

なんか、ちょっと順番が狂っちゃったけど
ワタシの願い事、聞き届けてもらえただろうか
人一倍心は込めたつもり
叶えてもらえますように(´-人-`)

DSC02751_convert_20101101000936.jpg

DSC02754_convert_20101101001240.jpg

社務所では、お守りと迷ってストラップ(一応お守りだし)を授かる
全て手作りと思われる守りやストラップ
「石神」の文字の書体に惹かれて選んでみた

101031_191625.jpg

携帯を変えたら着けるんだ♪

念願だったお参りを終える頃には台風も随分落ち着いてきた

途中、目に留まった小奇麗なホテル
DSC02755_convert_20101101001325.jpg
「ほっと一息、コーヒー・お茶あります。お気軽にどうぞ」
とあったので、ホントにお気軽に入って、のんびりおやつタイム
DSC02757_convert_20101101001404.jpg

DSC02759_convert_20101101001453.jpg

DSC02760_convert_20101101001530.jpg

DSC02762_convert_20101101001605.jpg

DSC02763_convert_20101101001929.jpg

石神さん目当ての女性観光客がターゲットなのだろう
迂闊にも、泊まってみたいと思った
見事願い事が叶い、お礼参りに来る時はココに泊まろう(・∀・)ニヤニヤ

ホテルを出る頃には雨もほとんど止んでいた
台風ってどこへ行ったのだろう
ともあれ、おかげさまでその後はのんびり鳥羽ドライブ
パールロードを目指す

海は、さすがに台風の影響が残っているようだ

DSC02766_convert_20101101002030.jpg

DSC02767_convert_20101101002102.jpg

パールロードに入り、鳥羽展望台へ

DSC02768_convert_20101101002141.jpg

DSC02769_convert_20101101002238.jpg

台風一過直後で、お客さんはほとんどいない
が、トイレの広さが、ピーク時の観光客の多さを物語っていた
もっとも、現状流行っているかどうかはナゾ

海の博物館は、建物の前まで行くも、そそられなかったのでパス

その昔訪れたタラソ志摩が健在だったのには驚いた
あんなバブリーな施設、今でも利用する人がいるんだな

パールロードが終わり、R42へ
二見浦へ行こうと思うも
お天気が随分回復したからか
観光客がウヨウヨし始めていたので諦めた

鳥羽市街地に入り、お昼はやっぱり海鮮でしょ~

DSC02774_convert_20101101002317.jpg

美味しかった―――(( ´艸` ))―――!!!!

次は真珠でしょ~
で、ミキモト真珠島とはなんぞや?と近くまで行ってみると

DSC02775_convert_20101101002552.jpg

DSC02776_convert_20101101002626.jpg

入場料金が1500円もしたのでパスw
写真だけ撮って退散

あとはコレと言って見るべきものも見つからなかったので
ぼちぼち帰る方向へ

時は15時前
帰るには早いけど、今からお伊勢さん巡りには遅いので
高速乗る前に内宮の外だけ拝み
DSC02777_convert_20101101002704.jpg
伊勢を去った

どこかで渋滞にハマるかなぁと覚悟していたけど
時間が早いからか、極めて順調に走って、17時には岡崎Cに着いた

近過ぎず、遠過ぎず
伊勢や鳥羽って、中京圏からだと程よい日帰りドライブエリアなんだなぁと思ったら
名古屋、三河、尾張小牧、豊橋、岐阜ナンバーの多さに納得した

p.s.
ネットで改めて石神さんについて検索してみたところ
普段の週末は物凄い人気らしい
お参りの行列はできるわ
お守りやストラップは午前中で売り切れてしまうのだとか
あの天候
スポンサーサイト

101029 大台ヶ原(1694.9m)トレッキング

ラストサマーバケーション
1日だけ残っていた“夏休み”を利用してプチトリップを企んだ
天気予報に翻弄されながら計画を二転三転させた末
金曜は山歩きに決定!

2:50 自宅出発
真夜中なのに、トラックの数が半端じゃない
とはいえ、まぁ、渋滞するようなことはなく
周囲の流れに乗り乗りに乗って
4:55 名阪国道針ICを出て、針T・R・S到着
ヤホーの道案内によれば4時間かかるはずだったので出発を早めたのだけど
まさか2時間で着くとはねぇ(´∀`;)

5:05 再出発
相当デフォルメされた地図を頼りに
「R369、R369、そのうちR370になるみたいだから、ひたすらR369」
と走っていたら、案内板に松阪や名張という文字が(*゚ェ゚)ン?
あ、やったか?
それでもしばらくR369を爆走
結果、南下していたつもりが、心外なことに随分東走していた( ;∀;)
結局、1時間くらい無駄にしたような…
ナビ、買うべきかなぁ、と思ってみたり

そんなこんなで、8:10、大台ヶ原ビジターセンター到着

DSC02670_convert_20101031144722.jpg
立派な建物である

途中、誰にも追い付かなければ、誰にも追い越されなかったものの
駐車場に辿り着いてみれば平日なのにまずまずの人出
さすがは百名山

準備を整え、8:45、トレッキングスタート

DSC02671_convert_20101031144844.jpg
DSC02672_convert_20101031144938.jpg

キレイに整備された、どこぞの公園の遊歩道のような道を軽快に進む

DSC02675_convert_20101031145135.jpg
DSC02676_convert_20101031145214.jpg

9:25、この日のピークである日出ヶ岳にあっさり登頂
DSC02677_convert_20101031145259.jpg
展望台があるせいか、三角点がある本来のピークは誰にも相手にされていなかった…

展望台に上がると

DSC02678_convert_20101031145938.jpg
DSC02679_convert_20101031150016.jpg
海なし県から海が眺められて、ちょっと感動したり

DSC02681_convert_20101031150113.jpg
ここから御嶽山や乗鞍岳も見えるの!?

DSC02682_convert_20101031150152.jpg
と、目を凝らすもさすがに見えずw

DSC02684_convert_20101031150246.jpg
終わりかけの紅葉でも、それはそれでキレイに見えるから自然って不思議
(写真じゃ分からないけどぉ)

ほんの少し雨がパラパラしたので先を急ぐ
9:45 再スタート

日出ヶ岳に登る前に素通りしたテラス(?)へ

DSC02686_convert_20101031150709.jpg
DSC02687_convert_20101031150745.jpg
奈良県から海が見られるなんて、やっぱりスゴイのだ

DSC02689_convert_20101031150947.jpg


10:00 正木峠到着
DSC02691_convert_20101031151047.jpg

DSC02693_convert_20101031151218.jpg

DSC02696_convert_20101031151358.jpg

DSC02697_convert_20101031151816.jpg

DSC02698_convert_20101031151916.jpg

DSC02699_convert_20101031151958.jpg
立ち枯れの木々が醸し出す異空間
けど、これって、森林が破壊されているんだよね…

DSC02700_convert_20101031152047.jpg
<昭和38年当時>

DSC02701_convert_20101031152126.jpg
<現在>

たったの47年で…
だからか、自然再生を目指すべく様々な保護・管理がなされていた
平日のこの日はその作業をする人をたくさん見かけた

入山する度に、人が入っていいのだろうか…と考えてしまうが
ココでは一際強く考えさせられた

突然、開けた所に出た、と思ったら、神武天皇が現れた!?
DSC02709_convert_20101031152235.jpg
何か言い伝えがあるのだろうが、スルー

DSC02710_convert_20101031152716.jpg
そしてココは牛石ヶ原というらしい

DSC02711_convert_20101031152759.jpg
こうして大きな石がゴロンとしているのが牛に見えなくもないからだろうか

DSC02712_convert_20101031152838.jpg

休憩ポイントのようだが、大して疲れていないので先へ…

DSC02714_convert_20101031152922.jpg
次の目標が近付いた

11:00 大蛇到着

DSC02715_convert_20101031153020.jpg

DSC02716_convert_20101031153101.jpg

DSC02717_convert_20101031153705.jpg

DSC02718_convert_20101031153746.jpg

DSC02719_convert_20101031153829.jpg

DSC02720_convert_20101031153915.jpg

DSC02721_convert_20101031154006.jpg

DSC02722_convert_20101031154053.jpg

DSC02723_convert_20101031154438.jpg

DSC02724_convert_20101031154520.jpg

瑞牆山もスゴかったけど、恐怖を感じるほどではなかった
が、ココは、足を滑らせたら終わりだろうと思うと若干の恐怖を覚えた
人によってはコワくて行けない人もいるが
一応先端まで行った
めちゃくちゃ緊張したガク((( ;゚Д゚)))ブル
が、空模様はイマイチでも絶景だった
ココは来た甲斐があった~と思った

名残は尽きないが
人気ポイントなので人がどんどん来る
15分ほど滞在して、やむなく立ち去ることに

この先は、尾鷲辻まで戻り、中道から駐車場へ戻る人が多いようだが
DSC02726_convert_20101031154600.jpg
こんな看板にもめげず、東大台完全周回を目指す

が、行けども行けども急峻な登り降りは出てこない
DSC02727_convert_20101031154640.jpg
マッタリとした遊歩道が続き、楽勝~とか思っていたら
少しずつ足場が悪くなり始め
どんどん下り
川の音がどんどん近付いてくる
一瞬、間違えようがないけど、道間違えた?と思うほどの状況に…
が、前方に人影を発見し、一安心
いったん谷まで下るから、その後に急峻な登りがあるのだろうと納得

DSC02728_convert_20101031154724.jpg
シオカラ橋に到着

橋の真ん中から
DSC02729_convert_20101031155849.jpg 上流
DSC02730_convert_20101031155942.jpg 下流

DSC02731_convert_20101031160022.jpg
橋を渡って、現在地を確認
駐車場まであと少し!


DSC02733_convert_20101031160100.jpg
こんな登り
こ、こ、コレか( ̄▼ ̄;)

とはいえ、こんな登りがずっと続くわけではなく
むしろこんな登りは4分の1くらい(?)で
あとは緩やかに登って行った

DSC02735_convert_20101031160153.jpg
この辺りから、完全入山規制されている西大台との境を歩いて
12:20 駐車場到着~
DSC02738_convert_20101031160234.jpg
平日にもかかわらずほぼ満車で驚いた∑(゚Д゚ノ)ノ

大台ケ原ではほとんど携帯圏外(もう携帯が悪いのかもしれないけど)
着信があるとショートメールが届くらしい
山の中にいる間にショートメールが届いていた
確認すると、この夜、お世話になる予定の宿からだった

宿は、前日の木曜に予約したわけだが
 「台風の影響は大丈夫でしょうか?
 キャンセルの場合は当日でも構いませんのでご連絡ください」
とかなんとかメールが来ていたが
大台ケ原まで行ければこっちのもの!と思っていたので
キャンセルするつもりは全くなく
このまま山を下りて宿へ向かうつもりだった
が、少し気になったので、公衆電話から電話してみた

やはり、台風の影響を気にしていた
やれ、R169はすぐ通行止めになる
ましてや、翌日通る予定のR42はバリケードをはられるぞ
警報等が解除されても、通行止解除には時間がかかるぞ
さあ、どうする!?
てな感じ
ただ、それでも台風の影響がピンとこないので
とどのつまりどうすればいいのかと訊けば
ワタシ以外の客は全てキャンセルだという
あぁ、つまりキャンセルして欲しいってことね┐(´д`)┌
で、不本意ながらキャンセル
したのはいいけど、宿、どうしよう…
と、真剣に悩むのはちょっと置いておいて
お土産とおにぎりを買い、13:05 駐車場を出発

なにはともあれ翌日は鳥羽なのだから、とにかく東へ向かおう
最悪車泊(何も用意してないけど…)を頭に思い浮かべつつ
14:40、偶々見つけた東吉野温泉に立ち寄る

DSC02741_convert_20101031160515.jpg

DSC02742_convert_20101031160600.jpg

スタンプカードをくれようとしたが
「二度と来られないかもしれないので、もったいないから…」
と、断る

入る時と、出る時に一人ずつすれ違ったくらいで
入浴中はずっと一人での~んびり
英気を養ったところで東走再開

17時前に到着した道の駅飯高には温泉があり、ココでもよかったなぁ…とw
すでに三重県に入っているので、伊勢に行けば宿はなんとかなるかなぁ
と思いつつ、結局鳥羽まで行ってしまうことに

携帯ネットで検索→予約することも考えたけど
ナビなし故に、予約した所へ辿り着ける自信がなかったので
鳥羽に入り、実際に見つけた宿をネット検索して
大丈夫そうならそのまま宿泊させてもらお~
で、偶然辿り着いたのが、ロードイン鳥羽
検索すると、じゃらんから当日予約できるらしい
しかも、じゃらんからなら特典がつけられる上に、ポイント利用できる
ホテルの目の前で、じゃらんから予約をして
少し時間をおいてから、19時前にチェックイン
その後は室内に閉じこもり
テレビで歌うま王座を見ながら熱唱しているうちに寝ていたコックリ((´-ω-`))コックリ

夜中に一度目覚めた
さて、台風はいずこへ?

さ、さ、さむー((((;゚Д゚))))

朝はそれほどでもなかったよねぇ
なのに、夜のこの寒さはなんだ!?

今朝、昨日の新聞を片付ける時
目に留まった中日新聞の夕刊一面

101025中日夕刊

 『カメムシ 大発生』

東海3県ってことだけど、一応大雪の前触れ!?


夕方、手にした毎日新聞の夕刊一面も目に留まる

101026毎日夕刊

 『酷暑のち厳冬?ラニーニャ現象持続 早くも冬型気圧配置』

北海道や青森では雪が降ったそうで


なんだか|緊張|ョ゚Д゚;))))ドキドキしてきた~

今度は…

DVC00013.jpg

モンブラン!?

バスケ帰りにイオンへ寄り道
その昔「しそ」を見た時は思わず買ってしまったが
モンブラン好きとしては、コレは見逃せなかった

 ペプシ モンブラン

パッケージには流行りのノルディック柄!?
どんな味がするんだろ~
只今冷蔵中
明晩の“デザート”にしようっと♪

月バス/惜しい!9人

●オールコートの4対4…10分×1本
●オールコートの5対4…10分×5本

今日も3on3なのかなぁと思っていたところへ2人来て4対4
やってる間に1人来て、1人休むのももったいないからと5対4
年甲斐もなく4人の方だったので疲れた~

ロングシュートは80%ショートだし
ならば!とワンドリブルして近付いたらオーバー…┐(´д`)┌
感覚としては悪くなかったのに、どうしてなんだろう

相変わらず、せっかく抜いても最後にレイアップが決められない…
もっと器用になりたいなぁ

膝が伸び切った状態で患側の足一本で着地した時はめちゃ焦った
膝を捻るかと思ったから((( ;゚Д゚)))
でも、大丈夫だった
随分しっかりしてきたんだなぁと感心した
が、油断大敵
もうあんな着地はしたくないや

今週の木曜バスケはサボる予定
来週の月曜は体育館が使えないのでお休み
この隙に突き指を治そう…

Are you ready?

So so.
と、言える状況ではないけれど

土曜出勤(12月の分♪)に加えてボスの還暦パーチーだった昨夜
あまり飲んでいないけど
なんだかどっと疲れて今日は昼近くまで寝てしまった
そして、慣れないヒールを履いていたせいか、足が筋肉痛…

早くしないと雨が降ってくる~
と、チャリに乗って自転車屋へ駆け込み
スピードメーターを直してもらう
とはいえ、故障していたわけではないので本日も無料♪

tune上がりのままだったFCのワックスを剥がしてベース1回
FC2.jpg

何気に滑りっ放しで放置していたfeelgoodの汚れを落として

先週迎えに行ってきたAQUAにひとまずベース1回
aqua3

2時間半かかった

FCやfeelgoodを眺めながら昨シーズンを思い出し
AQUAを眺めながら来るシーズンのパウダーに想いを馳せる
それだけでも楽しかったけど…
こ、こ、腰が痛い_| ̄|○

続きは再来週かな

木バス/14人

●オールコートの5対5…8分くらい×7本

抜けるんだけどなぁ
正面からだとシュートが入らない…
いや、速攻のランニングシュートも入らなかったようなw
でも、ワタシが外すのを見越していたOくんがすかさずリバウンドして
シュートを決めるというナイスカバー♪
カッコよすぎて惚れそうだったw

禁断の横断パス、よう取られたなぁ…
やっぱ、横断パスはアカン

身長190cm前後の水球くん(名前、なんだっけ…)が
ドリブルした瞬間、今しかない!と叩く
いつもならビクともしないけど、今日は少し効き目があった
が、やはりボールを奪うまでには至らず
いつかビシッっと奪ってやりたいものだ(`・ω・´)シャキーン

月バス/ろ、ろ、6人って…

●ハーフの3対2…10分×1本
●3on3…10分×4本

ひでぇ
mixi日記を書き始めて過去最低…
もっとも、更に昔は3人って時もあったけど…
行けなかった先週は11人だったらしいけど
今週のこの人数はいったいどういうこと?
コミュニティを利用して、メンバー募集しちゃおうかな
あ、バスケコミュは参加してないんだったw

3対2
ディフェンスカット2本 or
オフェンスパス5本以内に攻め切れなければディフェンスカット1本に相当
アウトナンバーの時はこうじゃなくちゃねぇ
最年長のSさんが言い出してくれてホッとしたw

3on3
オフェンスとディフェンスの切り替えの良い練習になるねぇ
が、パス&ランができないことがもろバレ(・∀-`;)
己の反応の鈍さを痛感した

しかるに、体育館が滑ることもあってか
3on3の3本目後半あたりから久々に膝に痛みが…
思いの外ハードだったからかなぁ
気をつけようっと

遠見尾根~板を迎えに行くついでに…~

7月の唐松帰りに予約して
一月前に入荷の連絡をもらい
今日、やっと迎えに行ける!
が、ただ板を取りに行くためだけに白馬へ行くのはちともったいない?
で、企んだ今回の山行(?)
まぁ、メジャーな山をいろいろ考えたけど
ガッツリ時間がかかって最終的にPAPに持ち込めないのはマズイ
ってことで、遠見尾根を大遠見まで歩いてみることにした


DSC02540_convert_20101020200527.jpg

狙い通りゴンドラ(テレキャビン)一番乗り(`・ω・´)シャキーン
DSC02542_convert_20101020200604.jpg

リフトの営業は先週までにつき
8:25、アルプス平から登山スタート
DSC02544_convert_20101020200657.jpg

8:45、地蔵の頭
DSC02548_convert_20101020200742.jpg

DSC02549_convert_20101020200826.jpg

9:20、一ノ背 髪
DSC02562_convert_20101020200939.jpg
今季参加を考えているBCツアーはここからドロップするらしい!

9:35、二ノ背 髪
DSC02574_convert_20101020201150.jpg
レベルアップするとここから!?
ま、ムリやろうけど(;^ω^)

東側の視界はイマイチだったけど
西側の視界はほぼ良好

夏はあの頂に立ったのかと感慨も一入の唐松岳
DSC02576_convert_20101020201251.jpg

夏よりも白さを増しているという白馬三山
DSC02577_convert_20101020201328.jpg

どっしりしてカッコイイ五竜岳
DSC02578_convert_20101020201406.jpg

を右に見ながらのんびり山歩き

DSC02579_convert_20101020201458.jpg

DSC02582_convert_20101020201559.jpg

DSC02585_convert_20101020201741.jpg

何度も何度も同じような写真を撮ってしまう(・∀-`;)

9:50、小遠見山到着
DSC02588_convert_20101020201826.jpg

DSC02587_convert_20101020201905.jpg

鹿島槍ヶ岳もカッコイイ~
DSC02589_convert_20101020202010.jpg

そして、もう一度

唐松岳
DSC02591_convert_20101020202104.jpg

白馬三山
DSC02592_convert_20101020202152.jpg

五竜岳
DSC02593_convert_20101020202333.jpg

案内板の通り360度のパノラマをざっくり堪能
先を急ぐので、9:55、再スタート

この先は、一応登山
トレッキングコースがしっかり整備されていた小遠見山までとは異なり
一気に人が減る
誰にも追い付かないし、追い越されない
ただ、昨夜を五竜山荘かテント場で過ごしたであろう下山者何組かとすれ違った

10:15、中遠見到着
DSC02600_convert_20101020202434.jpg

DSC02602_convert_20101020202515.jpg

小さいピークながらここも360度のパノラマが楽しめる

益々近付く五竜岳と鹿島槍ヶ岳
いつか登りたいな

で、10:55、大遠見到着
DSC02608_convert_20101020202559.jpg

だ、だ、誰もいない…
鹿島槍ヶ岳は見えるけど、五竜岳は半分しか見えない

中遠見で、ゴツいカメラで写真を撮っている人に
「上(五竜岳だろう)まで行かれるんですか?」と聞かれ
「いいえ、大遠見まで」と答えたら
その人の反応がイマイチだったことが納得できた(-ω-;)

ココにいる間に二人ほど登って来たけど
二人共素通りして行った…

本日の最終目的地だし、ココでランチを…と思っていたけど、止めた( ̄∀ ̄;)

ならば、西遠見まで!と思うも
所要時間が読めないし
今日の目的は板のお迎えだと自分に言い聞かせ
11:10、下山開始

11:45、中遠見着
アップダウンを繰り返す尾根道は
登りも下りも所要時間に大差がないなぁ

12:15、小遠見山着
昼時とあってそこそこ賑わっていたが
唐松岳正面のベンチが空いていたのでそこに腰掛けてランチ

ジーっとしているとそこそこ寒くなってくるので
12:55、下山再開

リフト降り場からは登りを少しルートを変えて
13:55、ゴンドラ乗り場到着
DSC02630_convert_20101020202659.jpg

DSC02631_convert_20101020202742.jpg

DSC02632_convert_20101020202939.jpg

DSC02633_convert_20101020203039.jpg

DSC02635_convert_20101020203121.jpg

14:15、とおみ駅に無事帰着
DSC02636_convert_20101020203211.jpg


一番近かった「十郎の湯」でさっぱりして
Hプラスへブーン(((っ・ω・)っ
人生最初(で、最後なんだろうなぁ)のマイパウダーボードと無事ご対面
エクストと

ダリング・ビベリング等はやってあるので
わざわざチューンナップショップに持ち込む必要はないですよ
と、行動を見透かされたようなお言葉をいただき
newボードと共にのんびり帰宅したのである
めでたし、めでたし

全体

DVC00005.jpg

DVC00004.jpg

本日のお稽古_〆(・ω・o)

DVC00003.jpg

長板の一つ飾り
風炉の時期も終盤を向かえ
釜の火の温もりが恋しくなる季節?
ということで、風炉が真ん中に来て
細水指を風炉先屏風寄りに飾る

DVC00001.jpg

こうなると、道具を拝見に出す場合
道具を出し終えてから正面に仮置きしていた茶碗は客付きへ
なんでもかんでも勝手付きに寄せればいいと言うものではないらしい
ちなみに自分は薄茶点前だったけど
Hさんに間違ったことを教えてしまった
ごめんなさい(´-ω-`)ゞ

蓋置は板の上、柄杓の柄の節が風炉の中央に来るように置く
長板も立派なお棚
柄杓と蓋置は飾ることができる

DVC00002.jpg

年に数回しか登場しない配置
(来週は仕事で休み、再来週は稽古そのものが休みなので、ワタシは今日が最後)
来季までにはキレイさっぱり忘れているだろうσ(´-ε-`)

NEW *TOP* OLD

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。