2010-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり夜桜

接骨院の帰りにfollow's寄って試乗会の詳細を尋ねる
パウダーボードは一応あるらしい
が、まだハッキリしていないと…
小物を調達し、そそくさとshopを後にしてふと思い立つ

雨降る前にちょっくら現状偵察に行くべ|´∀`)カンサツ

DVC00015_convert_20100331224829.jpg

DVC00016_convert_20100331225003.jpg

DVC00017_convert_20100331225027.jpg

DVC00020_convert_20100331225056.jpg

DVC00021_convert_20100331225115.jpg

DVC00022_convert_20100331225135.jpg

見頃と言えば見頃かなぁ
でも、まだちょっと先の方が良さそう
日曜の家康行列、いいかもね
ま、こっちに居ないけどw

夜桜も悪くはないけど
できれば太陽光の下で満開の桜を見たいなぁ
来週、がんばって早朝散歩しようっと
スポンサーサイト

月バス/11人+α

レクリエーションバスケ復活(`・ω・´)シャキーン

喜び勇んで体育館へ行くと
校門が施錠されていて焦る((( ;゚Д゚)))
春休みで開けっ放し禁止だったみたい

こちとら3ヵ月ぶりのバスケでワクワクしているのに
なかなか人が集まらない(´Д`ι)

公式戦に出ているメンバーはリーグ中なのかな
比較的新しい面子のおかげでなんとか11人

ジョグ5分のあと、ミニゲーム7分×7本(うち1本休憩)

カラダが重い、股関節が硬い→走れない
ボールが重い、手につかない→パスが思うように出せない
やっぱりちょっとコワいのでリバウンドは一つも跳べないし、カットインもできない

案の定、ないない尽くしだった…(-ω-;)

速攻を出されそうになった場面でのボールマンとの1on1
パスが出るタイミングを読んでディフェンスのこちらがフェイントをかけ
ボールマンのミスを誘えたのは唯一爽快だった( ̄ー ̄;)セコッ

約3年のブランクがあった時程ではないが
気持ちにカラダがついていかないことを痛感
バスケって、チョー疲れる、負担デカい
主治医が「バスケはねぇ…」と渋ることにちょっと納得
まぁ、ぼちぼち取り戻せればと…

あー、膝より腰が痛いのはナゼ
カラダ、ガタガタって感じ~

どういう風の吹きまわしか
普段旦那さんがバスケに行っている月曜の夜は
子どもを連れて実家に行っているはずのS氏夫人Mさんが
今夜は子どもを連れてやってきた
月曜バスケで唯一誕生したカップル
結婚と同時にMさんはバスケは卒業で
上の子が4月から小1ってことだから7,8年ぶり?
もちろんバスケはしないし、いつの間にか帰っちゃったけど( ̄∀ ̄;)
子どもの成長ぶりに年月の流れを痛感する今日この頃だσ(´-ε-`)ウーン…

【25】御岳綱道

なんだかんだで5/5まで営業することにしたらしい

DVC00006_convert_20100330225054.jpg

滑り始めは曇り
風もなく穏やか
寒すぎず、暑くもなく
少々硬めで、カーヴァーにはほぼベストコンディションか
しばらくすると雪が降り始めた

DVC00008_convert_20100330225253.jpg

DVC00009_convert_20100330225322.jpg

DVC00010_convert_20100330225353.jpg

第1、2リフトは既に営業終了したものの
まだ他所が営業しているからか
第3リフトも大して並ばなければゴンドラも思いの外並んでいない

いつからかなぁ
バインのアングル弄りすぎで滑り方がどんどんオカシクなっているのか
最近、数本滑ると右(後ろ足)の脛骨外側が痛くなる
今日も速攻痛み始め、ゴーグルチェンジもしたかったので一旦下りる
ついでに、早めのランチをとることに

“食券”乱用
思い返せば、ズン券以外、ものの見事にロープに金を落としていない
ロープを経営難に陥れているのはズン券持ちなのかもな…
すみません(´-ω-`)ゞ

スキー場には似つかわしくないスーツ姿の二人組(親子)が
レストランの責任者らしき人を尋ねてきた模様
経営者サイドの人だろうか
閑散としたレストラン内を見渡し
レストランのおじさんの説明(訴え?)に耳を傾け
15分程で立ち去った
不穏な動きだった…

皆がランチに下りてくる時間帯に再びトップへ
ゴンドラおひとり様という贅沢

DVC00013_convert_20100330225553.jpg

当然コースも空いているわけで
ひたすらロングっぽいターン
バタつかないようにしっかり踏むことを頭に置いて…
バタバタ…(´Д`ι)

DVC00012_convert_20100330225533.jpg

止む気配のない雪
休憩するのが勿体ないくらい
が、朝から片頭痛と闘っていて…
少し仮眠をとっている間に雪ゴン降りに
すごいな、御嶽山

帰りたくな~い
でも、頭痛い…(。pω-。)
帰りたくない…
でも、視界が悪くなってきたし…

結局、片頭痛に負けて15時半頃撤収
3月末の、この貴重なコンディションを最後まで満喫できず、無念(ノロ≦*)

本日のお稽古メモメモ((φ(・ェ・*)

DVC00003_convert_20100330010004.jpg

今月2回目のお稽古
すげぇ

DVC00004_convert_20100330010043.jpg

DVC00005_convert_20100330010110.jpg

旅箪笥…
実際にこれを持ち運んで旅したかどうかは知らないけど
中の棚を抜いての「芝点て」なんかがあるくらいだから
外で使った時代はあるのかな

で、ワタシは後炭のお点前
(旅箪笥開けず…)
茶事で濃茶が終わり、薄茶の前に炭を改める点前

 ・胴炭無し

 ・灰匙に香合を載せる

 ・灰を撒いた後に香を焚く
  (香合の拝見所望は炭斗を戻した時、だったかな)

 ・水注ぎやかんでお釜にお水を足す

初炭との大きな違いはコレくらいか

初炭とは反対に炭を入れたりする

割ぎっちょを点炭の代わりにする場合は、五徳の爪を挟んでもOK

ぜ~んぜん憶えられね~┐(´∀`)┌ヤレヤレ

【術後25.5ヵ月】診察デー

診察券に年季が入ってきたなぁ(  ̄~ ̄;)ウーン…

年末に落第し、いまだに卒業できない診察
今日も確実に卒業できない自信がある
卒業どころか、軟骨処置術&抜釘術を言い渡される覚悟…

だったのに!

徒手検査での状態は相変わらずだけど
バスケをちゃんと我慢したせいか
悪くなっている様子はないし
腫れもなくて、今はそれなりに良い状態
これなら様子見でいいのではないか…と!

ただし

スポーツを続ける限り、半年に一度MRIを撮り膝の中の様子を見せて、と…

先生、年齢的にもうすぐスポーツを止めると思ってるんかなぁ
ま、いいや

手術してキッパリ診察を卒業したい気もするけど
処置術を受けたからといって必ず良くなるとは限らないし
積極的に膝の中を弄ることでむしろ悪くなることもあり得る
術後はまたしばらく動けないし
そこからのリハビリだって大変
と、いろんなモノを天秤にかけたら
診察卒業はなくなったけど、半年に一度先生に会いに行くのも悪くないかも(´∀`;)
MRIは高くつけど…

話がオフシーズンのことになり
バスケをあまりやらせたくない先生は
ウェイクボードは?
サーフィンか?
と暢気なことを宣ふも
試合には出ず、レクリエーション的なバスケならどう?
と食い下がるワタシに根負けしたのか
やったら絶対試合に出たくなるって…とブツブツ言いながらも
気をつけてね…と

にゃは(*≧艸≦)

半年以内に来ないでよ~とひたすら「注意喚起」され
診察室を後にしたマタネ―――(`・∀・´)ノシ―――!!

実家で封印してあるバッシュを出さなくちゃヽ(≧▽≦)ノ

病院の前のお寺の桜♪
DVC00073_convert_20100329235353.jpg

DVC00074_convert_20100329235419.jpg

『アイガー北壁-NORDWAND-』

top_convert_20100329234805.jpg

routemap_convert_20100329234846.jpg

ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に誇示するため、アルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束していた。山岳猟兵のトニー(ベンノ・フュルマン)とアンディ(フロリアン・ルーカス)は、難攻不落の山を次々と踏破し、優秀な登山家として知られ始めていた。2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも、《殺人の壁》と恐れられていたアイガー北壁への挑戦を決意する。
麓には、初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けようという報道関係者や見物客が集まってきていた。その中にはトニーのかつての恋人で、新聞記者をしているルイーゼ(ヨハンナ・ヴォカレク)の姿もあった。天候を待つこと数日。ある晩、トニーとアンディは北壁への登攀(とうはん)を開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い、4人は快調に高度を上げていくが、メンバーの負傷や急な悪天候に見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと追い込まれていく……。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


山の映画は地味だなぁ
カラーのはずなのにモノクロかと思ったw
まぁ、時代背景のせいもあるかもしれないけど

それにしても
『劒岳 点の記』を観た時も思ったけど
よく撮ったよなぁ…
実際のアイガー北壁はもちろん知らないけど
物凄くリアルな映像だった
まるでドキュメンタリーのよう
思わず「生きて還って…」とお祈りポーズで観入ってしまった

ザイルを組むことで拾える命もあれば
ザイルを組むことで落とす命もあるんだよなぁ…
ザイルを切らなければならない状況って想像すらできないけど
切る方も切られる方も辛過ぎる…
が、過酷で、命懸けだからこそ、やり遂げた時の充実感がクセになるのかもなぁ

テイネンピって何?



















ストーリーが進むにつれて
おじいさんとクララのキャラ崩壊が激しくなっていくなぁ
笑うわぁ

いつのまにか

DVC00070_convert_20100324222034.jpg 朝

DVC00072_convert_20100324222227.jpg 夜

桜の季節になってんなぁ
そして、雨で速攻散っている花も…
いのち、短過ぎ

今年も週末にのんびりお花見♪
な~んてしてられないから
夜桜見物と称して、散歩がてら露店巡りしようっと((´艸`*))

【24】激戦!?コルチナ

DVC00054_convert_20100324220505.jpg

トップシーズン再来を思わせる昨日のゴン降り(・∀・)ニヤニヤ
白馬より奥白馬(小谷)っしょっ!
ってことで、性懲りもなくパウダー求めて久々のコルチナ(ゲレンデ)

DVC00056_convert_20100324220625.jpg

どうにも優雅なホテルとは裏腹に
第2クワッド運転開始30分前から並び
パウダーノートラックを虎視眈々と狙う面々
スキーヤーはわからないけど
ボーダーは各種変態板にシマノステップインという組み合わせが圧倒的

DVC00057_convert_20100324220701.jpg

やっと第2クワッドが動いても、次は第4ペアの運転開始待ち

DVC00059_convert_20100324220921.jpg

みなさんの狙いは稗田山コース2と3か
昨日があんな天気で上部リフトが動かなかったのか
昨日はクローズだったっぽいから
そりゃぁ今日なんてねぇ∩゚∀゚∩age
みなさん、戦々恐々!?

DVC00058_convert_20100324220847.jpg

自分は板平狙いだったのに、皆に釣られてうっかり稗田山コースへ
2は覗いても下が見えね~((( ;゚Д゚)))
必然的に3へ

ヒィ────(ノ)゚Д゚(ヽ)────!!
既にめちゃくちゃ食い散らかされてる~
朝一なのに凄まじい…

極力喰い残し頂戴に挑むも
セットバックしてあるのに板が全然浮かない(´Д`ι)
食い散らかされ部分にノーズが刺さる、刺さる(´д`;)
板回せね~
埋まって、埋まって、膝でした♪

DVC00062_convert_20100324221012.jpg

この重パウは変態板&もっと滑走力がないと厳しいのかなぁ
朝一のこの一本で何度コケたことか( ̄∀ ̄;)
下り終えると汗ダクダク
リフトに乗ってゼーハーゼーハー
でも、笑ってる自分

休憩がてら圧雪バーンを滑って別コースの喰い残しへ

迂回コースの壁にちょろっと当てにいったり

勝手知ったる猛者達はツリーにもバンバン入る
そもそも入り口がよく分からず
ここから行けるのか?って所が急過ぎたり
滑り下りて行く先が密林に見えたり
で、ツリーランは見送った

どこでどうなったのか
スキーヤーが腕から血ぃ流して運ばれていくのを見ちゃったから
余計にビビっちゃって(ll゚д゚)

DVC00068_convert_20100324221111.jpg

パウダーは午前どころか朝一の一瞬で売切れ
セットバックした板では圧雪バーンがあまり楽しめず
適当に流して午前券終了~

あー、やっぱり欲しいなぁパウダーボード(≧∀≦)
たとえ、身の程知らずだと思われようと…

【23?】裏山デビュー@コルチナ裏

何時くらいだろう
夜中に目覚めるとものすごい雨( ´д`ll)
予報通り風もすごい(ノД`ll)
車が揺れる~
しばらくすると雷も(ll゚Д゚ノ)ノ
嵐っていうんですかねぇ、コレを…

夜明けに連れて風雨共にかなりおさまるも時折吹く風が強烈(´Д`ι)

何の連絡もないけど、果たして予定通りなんだろうか

不安のみを抱え、30分前に集合場所到着
しばらくするとスタッフ登場
予定通りなのか?
と思ったら、こんな悪天候で八方のゴンドラ動かず
予定していた八方池はムリ( ̄- ̄;)
代替コースの栂池ヒヨドリもダメ( ̄- ̄;)
更なる代替コースを検討の結果
コルチナもリフトが動かないかもしれないが
リフト一本分をハイクアップした北側がBC可能エリアだという
かつてはゲレンデの一部(宇宙コース)だったところらしい
とはいえ、天候は良くないし、こんな代替案
まず参加するかどうかは任意となる
19人中、昨日もBCツアーに参加した2人以外の17人が
2グループに別れてBCに挑戦することになった

集合場所を出発する時は雨だったが
コルチナに着いてみれば雪になり、リフトが稼動していた( ノ゚∀゚)ノ
一本だけ乗って北斜面=ゲレンデ外へ

かつてのゲレンデ名残であるシングルリフトトップで
まずはちょっぴりビーコン練習
使い慣れないといざって時に使えない代物
が、「いざ」って場面には遭遇したないわなぁ

そしていよいよドロップポイントへ
アバランチグッズにスノーシュー&ストック
これだけを背負って滑るのは初めてだったので
めちゃくちゃドキドキした(*≧∀≦)ゞ
が、滑走可能と見なされた範囲内で
ちゃっかりノートラックをいただきに行く
ず~っと降っているだけにパウダーとは行かないまでも
昨日緩んだ分底付き感もなくなかなかいい感じ♪♪

次はスノーシューでハイクアップ
上高地で無用の長物状態だったマイスノーシューがイイ(≧▽≦)b
ヒールリフター最高(≧▽≦)b

風がそこそこおさまっていたので
ボードを背負っていても煽られることなく順調、順調

次なる斜面では先に滑った3人が3人共コケたので
視界が悪いこともあり更なる安全滑走でノーコケ
でも、やっぱりノートラック喰い(・∀・)ニヤニヤ

DVC00052_convert_20100323214509.jpg

DVC00053_convert_20100323214555.jpg

もう一度登り返したあたりから吹雪いてきたので下山
スノーシュー&ストックで林道を下る予定が
案外平坦だったからかボーダーは結局スノーシューで下った
スキーヤーは滑って行けたんだけどね
ボーダーも、人数少なくて前の人との間隔をあけられれば
板外さずに済んだのかなぁと思ってみたり

思いっきり車道に出て、迎えの車を待ち集合場所へ生還
車に10cm程積もってたヤタ───v(*-∀-*)v───♪
そして、降り止まぬ雪、雪、雪
木曽に帰るつもりだったけど…
白馬居残り、決定( ̄ー ̄)ニヤリ

NEW *TOP* OLD

アナログ時計(黒)

プロフィール

うってぃー。

Author:うってぃー。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。